1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 石橋の寿司「文吾寿司」

石橋の寿司「文吾寿司」

2018年4月2日


おかえりなさい。

ご主人の体調の都合で、ここ数ヶ月お休みだった石橋「文吾寿司」。
3月7日に営業再開。

11月末くらいに行って以来だもんなぁ・・・しばらく間が空いちゃうと、「あー文吾の寿司が食べたいなぁ」症状がハンパない。恵方巻きの販売は単発であったものの、再開の目処は立ったのかなぁ・・・2月に入って、もうすぐ営業を開始するという張り紙が貼られ・・・もう、そこからは「まだかなぁ、まだかなぁ」と、毎日、店の前を通るわけよ。

再開初日、早速お店に行って牡蠣握りを頬張る。ご主人もいつもどおりでホッ。
実はその時に、今回おじゃまする予約をしておいたんだよね。

予約はいいんだけど、新世界・西成、梅田で飲み食いしてきてすでに6軒目だぜ、おい。

ありゃ、付きだしな感じで玉を出してくれた。



いつもの感じで、お造り盛り合わせを。
5人分出てくるんだけど、
実は下の写真は5人前じゃなく、ここに乗らなかった分がもう1皿あるんだよね。相変わらず、ボリューミーでお値打ちだわー、泣けるわー




牡蠣の握りはナンボでも食べれるわ。「7日に来たとき食べたじゃん」とかじゃないから。あれば必ず発注するから。
5人で行って、みんなが牡蠣注文するでしょー。ホント、後から来たお客さんには申し訳なかったんだけど、開店早々、品切れにしてしまった・・・




お造りでひらめはいただいたので、海老もらお~
ネタの中では、一番安い部類だと思うんだけど、ここの海老はぷりぷりの肉厚で美味いんだよなぁ。



久々に、いくらちゃんもらおうかな。
いくらの粒がしっかり大きめなのが嬉しいね。頬張ると、お~いくらの磯の香りとねっとり甘味が口に広がる。



そして、おいなりさん。
たっぷりダシの染み込んだお揚げさんは、関西ならではの三角スタイル。しっかり甘めながら嫌味がなくウマウマ。黒胡麻が散りばめられた酢飯は、揚げの甘味が絶妙に合わさってやさしい。
ついついパクついてしまうサイズ感なので、食べ過ぎ注意。



あー食べた食べた。
気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:文吾寿司
場所:池田市石橋2-1-9
時間:17:30~25:00 日休
電話:072-761-2831
次の食レポは「西荻窪 HiroyaMinamisawa」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ