1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 「日本初の缶コーヒー ヨシタケコーヒーのモーニング」

「日本初の缶コーヒー ヨシタケコーヒーのモーニング」

2018年3月13日




ヨシタケコーヒーを飲むために。

浜田市の珈琲時間(コーヒータイム)へ。
あまりにも住宅街なので迷う。しかし地元の人たちはよーくわかっているようで、
朝からたくさんの人で満席!モーニングをいただきます。

自宅の一角をカフェに。
庭から海も見えました。



雪が散らつく朝でした。



モーニングについてきたコーヒーとは別に、
「ヨシタケコーヒー」をオーダー。

ヨシタケとは三浦義武のこと。
島根県浜田市に生まれそだち、ここで初めて「ミラコーヒー」という名前でコーヒーを缶に詰めるということを生み出しました。作られた缶コーヒーは日本橋三越で販売されました。



三浦義武はネルドリップでのコーヒー抽出を行っており、その時の方法などがつたえられ、現在はその忠実な再現に基づく「ヨシタケコーヒー」がここ珈琲時間で飲めるというわけです。





ものすごく時間がかかるものなので予め予約が必要。ポタポタと一滴ずつ。





じっくりと抽出させたものを、まるで日本酒をお燗するようにチロリで湯煎します。



当時一部の人しか楽しんでいない飲み物だったと思われるコーヒー。三浦義武という人はそれを缶に詰めて売ってしまおうと思うくらい、相当な情熱を持っていたんでしょうねー。たくさんの人に飲んでほしいという気持ちも持っていたのだと思います。
なんかそんなことを思いながら飲むと楽しいです。
味はしっかり、ずっしりとした味でした。


Text & Photo by 
じぶん日記
次の食レポは「サロンドロワイヤルの『古今 ~Kokon~D'hier et d'aujourd'hui』を味わう」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.