1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 天満の中華料理「双龍居」

天満の中華料理「双龍居」

2018年2月22日


先日の話。
天満市場をぷらぷらした後、ランチに向かったのは中華料理「双龍居」。
中国の五つ星ホテルでシェフの実績をもっていることもあって、メディアにもよく取り上げられるお店ですな。
超久々に来たわ。



開店直後くらいに行ったので、まだ客入りはまばらだったが、店を出るときには満員御礼で熱気ムンムンだったぞ。

さて、メインの煮込みにいく前に饅頭いっとくかな。
ひすい餃子(500円)。
翡翠とは言っても淡~い色合いで、包み方含めてプリティですな。蒸し餃子なんだけど、餡はイカを使っているんだよね。練り物・・・団子のようになっているので、口に放り込むと、ぷりんぷりんとした弾力が心地いい。



そして、定番のスープ入り小龍包(500円)。
少し厚めの皮はもちっとした食感で、中にはたっぷりの肉汁が入っているんだけど、しっかり味付けされコクのある餡も美味し。
冒頭に、中国の五つ星ホテルでシェフ・・・って書いたけど、点心師もいるので、こういった点心もバラエティ豊富なメニューで、色々頼みたくなっちゃう。



そして、「水煮牛肉」と書かれた牛肉の四川風煮込み(玉子麺付き 1100円)をお願いする。
しばし待っていると・・・これだこれ、もう器から溢れてますよね~
溢れ出るソースで様子が分かりにくいよね。どういうことになっているかというと、唐辛子、牛肉とキャベツが、これでもかとがっつり入ってますねん。スプーンがあるんだけど、牛肉もキャベツもカットがなかなか大ぶり、箸でないと取りにくいくらいのボリュームだ。



あー、やっぱりちょっと辛いな。ま、でも、辛いだけじゃなくで味わい深いからいけるける。
ん?いや、食べ進んでいくと辛さが堆積するのか、時間の経過とともに口の中がえらいことになってくる。

ある程度食べたところで、玉子麺がやってきて、この器の中にそのまま投入される。気持ち細めの中華麺だ。



麺はいい具合の歯ごたえなんだけど・・・あかん、麺をすするという行為があかん、辛い。でも、美味しいから食べたい!複雑な心境の中で食べることに。
ちなみに、C級呑兵衛は比較的辛いのは強い方なんだけど、これについては寒い冬に食べても、頭皮に小汗をかくレベルの辛さだよん。
辛いというのもあるけど、ボリュームもそれなりにあるので、色々食べようと思うなら複数人で行くのがオススメ。

気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:双龍居
場所:大阪市北区池田町10-11 辰巳ビル1F
時間:11:30~14:00、17:00~24:00(日は~23:00)第1・第3月休
電話:06-6358-8808
次の食レポは「丸の内フォーシーズンズホテル 『MOTIF』」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ