1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 上野毛の老舗店でうなぎをいただく

上野毛の老舗店でうなぎをいただく

2018年2月16日


テレビのニュースで、うなぎの稚魚が今期は極度の不漁で、今年の夏以降は日本国内のうなぎ不足が深刻化しそう、ってやっていたのを観たせいもあるかな?
なぜか無性にうなぎを食べたくなり、上野毛のうなぎ屋さんに週末ランチに行ってきました。

近所のスポーツクラブの女子トークに加わった夫が聞いてきたところによると、ご近所界隈で一番美味しいうなぎ屋さん、というウワサの「神田きくかわ 上野毛店」。

11時30分の開店時間ちょっと前に行ってみると、すでにお客さんがお店の前に並んでます。客席が80席あると聞いてまさか満席になるなることはないでしょう、なんて呑気に思ってたんですがお店が開くと続々とお客さんが詰め掛けていらっしゃいます。

うな重だけでなく、おつまみのメニューも充実。ならばまずは生ビール。「ほね唐揚げ」と「キャベジン」で乾杯。うなぎの骨の唐揚げはポリポリと食べ出すと止まらない感じ。キャベジンというのは、キャベツの浅漬けのこと。キュウリと粗みじんの大葉、昆布、生姜が入っていてさっぱりといただけます。これ、真似して作ってみようっと。うな重と一緒に食べても美味しそうです。



「くじら刺し」。これも今やうなぎとともに貴重品。



「うなぎ白焼きたたき」。この辺りから芋焼酎のソーダ割りに切り替えて。



なんだかおつまみ食べ過ぎて、私はうな重の代わりにうなぎの蒲焼を。



夫はうな重の「イ」。イはうなぎ1匹、ロは1匹半、ハは2匹なんだそうですが、「イ」でこのボリューム。私もご飯をちょっといただいて、テーブルに置かれたたれをさらにちょこっと掛けて食べてみました。





お店を出る頃には本当に満席。日曜のお昼だったので、ご家族連れが多かったです。皆さん、ご家族のお祝い事とかで利用されているようで、どの席も楽しそうに会話が弾んでいました。予約をされて、コースでうなぎを楽しんでいらっしゃる方々も。大きなお店でしたが従業員の方も大勢いて、サービスもテキパキとさすが老舗の貫禄を感じたうなぎ屋さんでした。

うなぎ屋さんで、うなぎの稚魚の不漁の話をするのもいいものやらって思っていたんですが、お会計の際レジの横に、ニホンウナギの稚魚、シラスウナギの漁獲量の低迷の事を書いた紙がでかでかと貼ってありました。
本当に憂うべき深刻な状況なのですね。

そう言われればそう言われるほど、またうなぎが食べたくなってきます。普段は一年に数回食べるくらいなんですけどね。あっ、思い出した。「りょう」っていう中目黒にある隠れ家みたいなお店も美味しかったなぁ。あそこもまた行きたいなぁ。



神田きくかわ 上野毛店
住所:世田谷区中町4-20-13
Tel :03-3705-3737
定休日:月曜日
営業時間:11:30~21:30 (LO 20:30)
Text & Photo by 
キムチ屋修行の道
次の食レポは「麦屋カフェ(大分県日田市豆田町)/2017.2.26」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ