1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. HIGASHIYA GINZAで和のアフタヌーンティ

HIGASHIYA GINZAで和のアフタヌーンティ

2018年1月30日


ポーラ美術館アネックスに行った後、訪れました。
いつ見ても満席のこちら、今回はムスメが予約してくれたのですんなり。
お~、中はこんな感じなのね、と思いながら席に。
二人なのに4人席でゆったりでした。
周りを見回すとこの時間帯100%女性!
和のアフタヌーンティを注文。



お茶が2種類えらべる、とのこと。



まずやってきたのがこのかご。お茶の素材が乗っています。



そして一つ一つを丁寧に説明してくださいます。これだけかと思ったら、「まだあります」



うわ~、こんなに!!そしてさらに、本までありました。



で、ムスメはヒガシヤブレンドのナンバー2と金柑を、私はヒガシヤブレンドのナンバー1とごぼうを選択。
まずはお煎茶からいただくようにお願いしました。
こちらは私が注文したナンバー1のお茶。
平宝瓶という取っ手のない急須で入れてくださいます。



これがですね~、めちゃくちゃ甘い!
あまいあま~いお茶でした。温度はかなりぬるめ。
すぐにふたを開けておいてくれました。3煎入れてくださいます。



こちらはナンバー2。



こちらのほうがさっぱりで、温度も若干高め。こちらも取っ手のない宝瓶です。
やってきたのが曲げ輪のお盆2段に乗った和菓子。



下の段、手前の黄色いのは卵焼き。
湯せんで作ってあるとのことでまるでプリンのようでした。
その左、そば粉のクレープ、中には味噌。
その上、ヒガシヤの人気商品、なつめバター胡桃のせ。
その右、金柑の甘煮。その下、豆腐饅頭(だっけな)



上の段、カステラ2種、わらび餅2種、ひとつは黒米餅餡玉2種、羊羹とゆずの道明寺羹と。白い器の中は豆寒天。
そしてお稲荷さんも曲げ輪に鎮座。



2つ目のお茶が来ました。



金柑茶はさっぱり、ごぼう茶はこってり。
どちらも3煎ずつになっています。
最初にお菓子の説明をいただいたときに、間食としてイチゴ餅が出てくると解釈していて、「次のお菓子を~」とお願いしたらなんと、2段のお盆に乗っていたワラビ餅がそれだったそうな。
しかもムスメと二人して勘違い。「え~、残念!」といったらなんと対応してくださって、イチゴ餅を出してくださいました。



隣にあるのは、一口和菓子の黄櫨染、ピーナッツ風味でした。
これもおいしかったけど、やはりイチゴ餅格別!
餡はミルクを入れた白餡だそうです。
餡がうす~くて、イチゴの酸味とマッチして、とってもおいしかった。
いえいえ、ごねたわけではないです。
対応いたしかねます、といわれたら買って帰ろうかなと思っていた程度でした。
でもさすがお見事の対応でした。
そして、最初に説明をしてくださった方も「言葉が足りなくてすいませんでした」とご挨拶くださいました。
この辺はさすが、ですね。いやこちらが勝手に誤解していただけなんですけど、決してそうはおっしゃいません。
そしてトイレもすごかったです!びっくりでした、ホテル並です。
と、サービスは大変よかったです。和菓子もとってもおいしかったです。お茶ももちろんおいしかったです!
なかなかいけなかったヒガシヤにいけてとってもうれしかったです~。ありがとう、ムスメ!
ごちそうさまでした~♪



HIGASHIYA GINZA
Text & Photo by 
おいしいもの大好き!
次の食レポは「山カフェでモーニング」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ