1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 梅ヶ枝餅と蕎麦の店 やす武(太宰府市宰府)

梅ヶ枝餅と蕎麦の店 やす武(太宰府市宰府)

2018年1月28日




Facebookで紹介されている記事を見て、ずっと行きたいと思っていたお蕎麦屋さん、「やす武」さんです。
去年もそのつもりで来てみたのですが、なんど食事処はお休み・・・がーん。
今日はリベンジです。
(結局こうなるのデスネ)



国産蕎麦粉を使い、店内で手打ちというこだわり。
嬉しいです。



がらーん。

当然ですね、10時40分くらいでしたから。
でも混むよりましです。



そば茶。



お品書きに、店主の思いがつづられています。
いいですね。
日々蕎麦好日。
これ、何にでも言える言葉ですね。





蕎麦といったらざるそば。

入り口に近い席だったのでちょっと寒かったのですが、やっぱりざるそばでないとーー。
というか好きなんです、ざるそばが。

かかっている海苔が、きざみのりではありません。
変わっていますが、飯塚の「やまし」というお蕎麦屋さんもこんな海苔の置き方をします。
珍しいので覚えていました。
こちらもなんですね。

美味しいお蕎麦でした。

つゆは意外にも甘かったです。
今までに食べたお蕎麦は割に辛口のつゆが多かったんですが、こちらのは甘いです。



蕎麦湯も美味しい。
身体がとても温まるので出されると必ず飲みます。
冬場はできるだけ飲むことをおすすめします。
基本お蕎麦は身体を温める食材ですが、ざるそばはキリッと
冷やしてしめているのでやっぱり食べ終わると寒いです(笑)。
蕎麦湯でホッとしてから帰りましょう~~。

リベンジ成功!!

梅ヶ枝餅と蕎麦の店 やす武

Text & Photo by 
今日は何処まで
次の食レポは「石橋の居酒屋「治助」」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ