1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 浅草 三浦屋ですっぽん鍋

浅草 三浦屋ですっぽん鍋

2018年1月15日


昨日、友達に誘われて浅草。



異常に混んでいた浅草寺のお詣りを済ませ、予約してくれていた「三浦屋」へ初訪問。

三浦屋と言えば「ふぐ」だが、敢えて「すっぽん」が食べたいと言うので友人に従った。

しかも「すっぽん」にお目にかかるのも初めてのこと。



自動ドアが開き、靴を脱いで一階掘りごたつ式のテーブルに着席。



お通しはあん肝。
そして次に出てきたのが、



すっぽんの内臓。
時計回りに、卵、生姜を挟んで、右から心臓、脾臓、胆嚢、そして肝。
まだ動いていた心臓。
卵は、まさに卵の味。ご飯の上に振りかけて醤油を垂らして食べたら卵がけご飯になりそうな味。
肝は、ほろ苦い肝の味。問題ない。
私が食べた脾臓は何の違和感もなく、意外と食べられた。



そしてすっぽんの生き血。
ワインで割ってあるから「ブラッド&ワイン」と、まるで映画のタイトルのよう。

ワインで割ってあるので、全く問題なく飲める。甘い。甘過ぎるのはワインのせいかな?


そして次に現れたのが、まさにすっぽんそのもの。



おーっ!
想像はしていたので、このフォルムを見ても引くことはなかった。しかと現実を受け止める感じ。
すっぽんは一旦茹でてある。
具材は長ネギのみ。

それまでの人生の方がずっと驚きが多かったからなのか 驚きはなかった。



そして、茹で汁の中で再び泳ぎ出すすっぽん。
コラーゲンたっぷり。
低カロリー、低脂質、高タンパク、と三拍子揃った まさにダイエットに大変効果がある。
また栄養価が高いので健康的に痩せることができるそうだ。



そしてひれ酒もいただいて。



お新香も注文して。



締めは雑炊で。



うーん。美味しかった。ごちそうさま。
63歳にして初体験。ありがとうございました。



外へ出て店の外観を撮る。



次はふぐ、と行きたいね。
ウチに帰って、オットに「どう?お肌ぷるぷる?」と聞いたら、「あ、ほんとだ!」との返事が返ってきた。
効き目早すぎやしないか?ほんまかいな。

朝起きて、お肌ぷるぷる

な、気がする。
そう思えるだけ幸せかも。
何でもよく解釈しているとそれだけで幸せになれる気がする。
だから昨日泣いた人もきょうは笑顔でね。
次の食レポは「ふっくら焼けています(あぶり家 中村橋)」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ