1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 小柳で鰻重@浅草

小柳で鰻重@浅草

2017年12月26日




週末に食材を買いに合羽橋。
買い物の前にお昼にしようということになった。

釜飯の「麻鳥」かとんかつの「ゆたか」にしようかと考えていたが、
「麻鳥」は間違いなく外国人向けガイドブックに載っているようで10人ほどのグループに先を越された。
「ゆたか」に向かって歩き始めたら目の前に鰻の「小柳」があるじゃないか。
「ゆたか」まで行って再びの行列だと落胆も大きいと判断し、鰻重に決めた。

小柳」は初訪問。
数年前は風情ある木造建の建物であったが、いつの間にかビルになっていた。



(画像はサイトからお借りしました)
玄関入ると、左側にカウンター、右側に6人がけのテーブルが4つか5つ。二階には座敷があるようだ。
我々は一階の6人がけテーブルに先客と相席になった。
相席と言っても6人テーブルなので余裕がある。
以前、上野の伊豆栄の時もミラーレスのSDカードが未挿入だったが今回もiPhoneで。



鰻重の松と竹の違いは大きさであることは聞くまでないと思ったので、「竹」で注文。
肝吸いは100円というから頼まないわけはない。



まずはお茶とお新香。



お重は、長方形ではなく正方形な感じだ。



これが100円の肝吸いだ。
なかなかいい絵をしている。



そして正方形のお重にピタッとハマった鰻重だ。
どんなに鰻が小さくても、白いご飯が見えないところがいい。
これに白いご飯が見えてしまうと残念な気持ちになってしまうからだ。
そんな計算された器選びに感服した。
鰻はふわっとしており、タレは甘めとみた。
美味しかった。ごちそうさま。

勘定場は店の奧、厨房側の左側にある。
和服を着た女将専用の場所とみた。
お勘定を済ませると訪問は初めてだったが「毎度ありがとうございます」と言われた。
1926年(明治1年)創業の老舗。



満足した後に店を出て一枚。
次は夜に伺いたいものだ。
次の食レポは「IVY PLACE @ 代官山」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.