1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. tanpopo @堂島から北新地へ。11/7移転open★

tanpopo @堂島から北新地へ。11/7移転open★

2017年11月28日


2017/11/7堂島から北新地・永楽ビルへと移転した「tanpopo」。鉄板焼・お好み焼にイタリアワインの妙味を楽しませてくれるのはこのヘベレケ日記でもお馴染みですね。店主・神谷圭介さんがついに、始動!



移転openおめでとうございます。この日は毎度の4人で突撃だ。食雑誌のエディター、カメラマン、シェフ、ワタシ。公私共にお世話になっている友達たち★

前の「tanpopo」を知っている人は「おぉぉっ!」となるハズ。



まず目に飛び込むのがウォークインセラー★イタリアワインを軸に据える「tanpopo」ならではだろう、イタリア各州のマニアックなが多数揃う。

ツヤ消し的シルバーを基調にした店内は、おしゃれシックな寛ぎ空間。



カウンター席もテーブル席もゆったり取ってあるから、入店して早々、居心地いぃわ〜となる。しかも、個室もあるとのことで。それについては後ほど述べるとしよう。

泡で乾杯★



「DOSS24 Trento DOC /CEMBRA」from トレンティーノ=アルト・アディジェ州清涼感とミネラルたっぷり。




アミューズは三河湾のアサリを使ったチャウダー。アサリはぷっくり厚みあり、味わい深い。

お料理はアラカルトが主体。前日までの予約で、コース料理(6500円〜)も用意しているとのこと。この日はアラカルトで。


*カリッと焼いた豚バラとアスパラガスのサラダ仕立て



「懐かしいわぁ〜」と、久しぶりに味わう「tanpopo」の名物に嬉しくなる。アスパラから溢れ出るジュは、甘みも香りも強いし黄身のコクと豚バラの旨みで飲ませるサラダとなるわけ。


*大根ステーキ



じゅわり、と迸るだしは塩味(えんみ)やさしく、じんわりじんわりと広がるうま味。黒コショウをぱらっとかければ、ぐっと締まりのある味わいに。


*セコガニのさつまあげ



時季により食材が変わるさつまあげ。今回はセコガニ!!セコガニLoverとしては、いっとかんとあかんでしょ、と即注文した品だ。



生地のなかに、内子と外子が入ってて、そのホクホク感、プチプチ食感よろしく優しい甘みの生地から、セコガニの深い旨みが押し寄せるでないか!


*明石焼き風オムレツ



オムレツのトゥルンとした半熟加減と上品なだしのうま味に、ニンマリしてしまった。器が醸すシックな赤とのコントラスト、なんだかカッコイイ美しい。


*とろろ焼 桜エビ&するめ



生地はぽってり粘り、そして甘みがあり表面にまぶした桜エビとするめは、カリリ香ばしく旨みの嵐でめちゃくちゃいい仕事してる。


*レンコンの肉詰め



ジューシー&ホクホク。ブドウを練り込んだマスタードをつけて味わえば、ぐっとワイン寄りのテイストに。ソテーしたカーボロネロ(黒キャベツ)は食べごたえあるわ。


ワインは皆、それぞれグラスで白、赤いろいろと。







この赤、若いけれどじつにジューシーで、この後続くコッテコテやないソース系メニューとバッチリな相性だった。


*特製 細めん焼きそば(イカ)



麺のカリリッ感、咀嚼するほど感じるコシ。独特の食感だ。ソースが皿に残らないくらい、蒸発させ&麺に染み込んでいるから噛めば噛むほど、複雑なコクが広がるの。


*ブタ焼きそば



リングイネを使うのが「tannpopo」ならでは。アルデンテな茹で&炒め加減、コク深くほんのり甘めのソースが絡む。


そしてそして〜誕生日を間近に控えるJun姉さんへバースデーケーキならぬ、バースデーお好み焼き!(豚玉)



「tanpopo」では事前にtel相談入れてたら バースデーお好み焼きを作ってくれるそうな。ムラジーナGrazie!


Happy Birthday〜♪ 姉!BGMに流れるバースデーソングが、The BeatlesとかStevie Wonderなどお馴染みのそれではなくCarole Kingの「Birthday Song」ってところが店主・神谷さんらしいし、センスあるわぁ。

バースデーお好み焼きは、シンプルな構成につき別皿でソース、マヨ、和辛子、鰹節が。





豚玉は、所々キャベツの茎のホクッとした食感もありそのキャベツの甘みをぐぐっと感じたな。重たくないから、ノンストップで食べ続けられる。毎度なみんなとのトークも、それはノンストップで楽しい夜となったのでした。


さて個室情報。



おそらく5人、入って6人くらいのこじんまりとした個室アリ★接待に、はたまた関西県外からのお客さんをもてなす場としてあるいは芸能&音楽関係者にも重宝すると思うな。

鉄板焼&イタリアワインを軸に据えながら、新たに「銅板焼」メニューもオンリスト。次回は銅板焼メニューもいただきたいと思う。変えたこと、変えないこと、それらが明確だから懐かしさと新しさとがシンクロして、ホッとしつつもテンション上がりっぱなし。パワーアップした「tanpopo」を堪能させて頂きました。神谷さん、スタッフの皆さん、改めておめでとうございます★

鉄板焼・銅板焼 KITASHINCHI「tanpopo」
大阪市北区曾根崎新地1-10-16 永楽ビル6F
06-6344-2888
open : 18:00〜0:00(月〜金曜)、18:00〜22:30(土曜・祝日)
close: 日曜
次の食レポは「橫浜のイタリア。(1707再訪)──「トラットリア ビコローレ ヨコハマ」」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.