1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. こわだり抜いた食材を、身体に染み入る美味しい料理で味わう:『85BAL Teppen』三軒茶屋

こわだり抜いた食材を、身体に染み入る美味しい料理で味わう:『85BAL Teppen』三軒茶屋

2017年11月16日




三軒茶屋の三角地帯にあった『85BAL Teppen』、ひっそり隠れていた ”優秀バル” を見つけてきました。自宅の最寄りだったら毎日通いたくなること間違いなし!行きつけのお店の1つになりそうです。 
『85BAL Teppen』は、初めの一回目はかなり見つけにくいと思います。「普段から地図の読める人」「私は迷わない!」と自信のある人以外は、駅で待ち合わせしてから、みんなで向かいましょう!





店内は、メインはカウンター。奥に2席のテーブル席があります。ナチュラルテイストながらも、落ち着いた雰囲気なので、大人女子もすんなり馴染めるはず。もちろん一人飲みもOKですよ。







私は、友人との二人飲み
お薦めのスパークリングワインは、「ヴァンサン・リカール/Vincent RICARD VdF ムスー」ソーヴィニヨンブラン100%の微発泡ワイン。細かくて優しい泡、フレッシュな味わいがし、食事の良いスタートになりました。



前菜代わりの盛り合わせ。米粉の自家製ブレッド・一口いくらご飯・ビーツのスープ。どれもオーガニックを意識しつつも美味しく、しかも美しい~~~!!!米粉パンも普段好きではないのですが、こちらの物は私食べられます







(自然派に拘り過ぎているお店は、素材だけで調理が今一つだったり、盛り付けが地味なお店も多いのですが、こちらはしっかりと ”吟味した素材を使ったお料理” になっています。マスター自身も食べること大好き&飲みも!!という方でしたので、安心して美味しいお料理を頂けるのが嬉しかったです。)

「たっぷり季節野菜のサラダ」 シモタファームを中心とした自然栽培や有機栽培の野菜たち。これがなんと500円!!!野菜の美味しさを知って貰い気持ちからの出血大サービスメニューなの。お店に来る方のほぼ全員だ頼まれているらしいですよ。



「真鯛のカルパッチョ」回しかけられた上質なオリーブオイルに、必要最低限の味付けだけでも十分。その秘密は、真鯛をしっかり”昆布締め” にしているから!見えない部分に手が掛かっているのでした。



ワインはボトルもいいけれど、バイ・ザ・グラスで一皿づつに合わせていくのも楽しく、途中から完全におまかせ状態。だって、知ってい人に頼った方が、おいしいへの近道な気がしませんか?!(気持ち良くなって、ポンポン頼んでしまうのには気を付けましょう。ww)







フードはインスタ映えする「大人のポテサラ パクチー添え」ビーツで可愛らしくピンクにお化粧しています。



「ぷるぷるパクチー茶碗蒸し」もりもりのパクチーの下には、ナンプラーを隠し味にした洋風茶碗蒸しが隠れているんです♪ しかも!白っぽく見えるのは、米粉を与えた鶏の卵を使っているから!薄いのではないのです。色に惑わされてはいけませんよ。





メインに向けて、ワインセレクト 白好きな私は「ドメーヌロベールドゥノジャン マコンヴィラージュ レサルディーヌ」ブルゴーニュのシャルドネ 100%。濃い目の色合いに少しバニラ香、しっかり目の味わいなので、お肉と合わせても負けない白。



赤派の友人は「スモールフライ・ステラルナ」オーストラリアの軽やかな赤。



「蝦夷鹿もも肉のステーキ 真空焼き 200g」北海道の野生のエゾ鹿を、一発で仕留める凄腕猟師さんから入ってきた鹿肉。その後の処理も完璧で臭みが全くありません! 3週間の熟成を経て提供されています。



また、一滴のドリップを出さずに焼き上げる火入れも完璧。素材+腕が合さることにより、目の前に現れる神々しいほどのルビー色
シカ肉好きならばこれはマストチョイス間違いなし!!



テーブルの薬味も、ヒマラヤブラックソルト・自家製ハニーマスタード・沖縄 粟国の塩と、どれもコレだけで一杯行けるんじゃ?と思う味わい深いセレクト。鴨にはマスタードと、少し硫黄の香りがするブラックソルトがマッチしていました。





最後の〆は、パスタにしようと8割がた決めていたのに、卵の話で盛り上がり過ぎて(笑) ダイレクトに”卵かけごはん”を頂く事に。



「平飼い卵の卵かけ玄米ご飯」まぢでヤバいよ!! いつも食べている卵がなんだったのかな~?と思えるし、更に玄米のぷちっとした中にある旨味は ”今までで一番美味しい玄米ご飯” に出会えた気がしました。







豆醤油麹を一回しかけ、胡麻をパラり。日本人で良かった瞬間キターー!



最後の最後で、おまけの一杯。個性的な日本酒をテイスティングして ご馳走様。



『85BAL Teppen』は、最初、オーガニック系イタリアンバルだと思っていたのですが、レパートリーの広さや食材への探求心が半端ないですね。それでいて、こうあるべき!という強い主張がなく、ソフトに”良いモノ” を教えてくれたり出してくれます。
そして、なんと言っても、スタッフみんながお酒好きな所が、こちらのツボ押さえてくるんですよ。気軽に一人でも、女子会も、デートも、なんでもいい雰囲気になれるお店でした。ホントに家に近かったら週一で通いたい。

85BAL Teppen

電話 050-5589-7309
住所 東京都世田谷区三軒茶屋2-14-19

営業時間 ディナー 18:00~24:00[月~金](L.O.23:00)
     ※土曜日のみ17:00~24:00
     ランチ 11:30~15:00[月・火・木・金・土](L.O.14:00)
     ※日、水ランチ休み
定休日 日曜日  

 
Text & Photo by 
IkukoDays
次の食レポは「レストラン ゆとりの空間」>>

関連キーワードから食レポを探す

「こわだり抜いた食材を、身体に染み入る美味しい料理で味わう:『85BAL Teppen』三軒茶屋」の関連食レポ

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.