1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 名店の誇り。──「総本家更級堀井 麻布十番本店」。

名店の誇り。──「総本家更級堀井 麻布十番本店」。

2017年9月10日


風間杜夫のひとり芝居を観に六本木の俳優座劇場までお出かけ。せっかくなので美味しいお蕎麦でも食べようと「総本家更級堀井 麻布十番本店」さんへ。



この界隈には「更級」の名前を名乗る店が此方を含めて3軒あるが、江戸時代の名店「麻布永坂更級」の本家は此方なのだそう。。。

名物の「さらしなそば」(930円)は、蕎麦の実の芯の部分のみを用いて打つ真っ白なそばで、ほのかな甘みとのどごしの良さが特徴とのこと。本来ならそちらをいただくのがスジなのだろうけれど、とにかく涼しくてヒンヤリとした日だったので「鴨せいろ」(1980円)をいただくことに。。。これだったらもりそばの風味を楽しみつつ、鴨汁で多少は温まることができる。

お昼時でそれなりに店内は結構賑わっていたけれど、お料理が運ばれてくるのは早い。「鴨せいろ」が登場した。



ちなみにこの日のかわりそばは「青柚子」とのこと。お願いすればチェンジすることもできるが敢えてノーマルなそばで。。。まずは何もつけないでおそばを少々。。。しっかりとした味わいのある、「主張するそば」という印象でのどごしも良い。



此方では、「もりそば」にはキリッとしまった「辛口」のつゆ、「さらしな」にはあたりの柔らかな「甘口」のつゆが用意されているとのことだが、お好みに合わせて自由に選べるのだそう。

「鴨せいろ」の鴨汁はどちらかというと「辛口」。いささか濃いめかなーとも思うけれど、そばに程よく絡んでちょうど良い案配のコックリとしたテイストを醸し出す。



鴨ロースが4,5枚とつくねが一つ。葱と三つ葉、柚子が浮かび、華やかな味と香りを添えている。柔らかな鴨肉から美味しいお出汁が染み出ているのだろう。少しずつ鴨の風味が強まっていくような。。。最後までとっておいた特に柔らかい鴨肉のつくねは「もう一つ食べたい!」と思えるほどのお味。いやー、麻布十番界隈には美味しいものがたくさんあるなーとしみじみと実感したのだった(笑)。

名店のおそばというと、とかく一枚あたりの量が少なかったりそばちょこに3〜4杯でなくなってしまうぐらい物足りないケースが少なくないのだけれど、此方は一人前がたっぷりしているので、夜までお腹が空くようなことはなかった。他店に比べると、お値段は少し高いかもしれないけれど、美味しいお蕎麦をそれぞれの客にじっくり味わってもらいたいという店側の気持ちがダイレクトに伝わってくる。まさに「名店の誇り」を随所に感じることができた。

というのも、お土産にお蕎麦をテイクアウトしたのだけれど、お蕎麦の横には説明書きが入り、12段階ぐらいに順番がついて家での作り方が細かく解説されていた。(「氷水でしめる!」というのがポイントのよう。。。他のお蕎麦の時にもこの方法は応用できそう!)。

此方は連れの「とろろかけ」(1,380円)。(天地逆で失礼!)



とろろがネットリと濃厚で、お蕎麦のお出汁もとても美味しいとのこと。。。はるばる出かけてきた甲斐があったと大喜びしていた。。。

この季節はそば茶がサーブされる。



少し前にはじまったばかりの新メニュー。



紅葉が散っているのがかわいい!!

いつも六本木や麻布十番方面に出かけると、どうしても「野田岩」さんに伺うことが多いのだけれど、改めて此方も今後の選択肢として加わった次第。。。美味しいものを食べるとつくづく幸せな気分になれることを改めて実感。。。立川伊勢丹にも此方の分店がテナントとして入っているので、そちらも訪問してみなければ。。。


ごちそうさまでした☆


●総本家更科堀井 本店 (そうほんけさらしなほりい)
東京都港区元麻布3-11-4
050-5868-0352
11:30~20:30(L.O)
年中無休(年末年始・夏季休暇を除く)
http://www.sarashina-horii.com/
Text & Photo by 
Welcome to Koro's Garden!
次の食レポは「燕 @東京ステーションホテルにて創作中華ディナー~♪」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.