1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. カフェ 会津壹番館(アイヅイチバンカン)

カフェ 会津壹番館(アイヅイチバンカン)

2017年9月7日


会津若松市のシンボル的なお店。
蔵造りの洋館を改装しています。
医聖・野口英世が左手の手術を受けた会陽医院跡です。
1階はレトロな雰囲気のカフェになっています。(2階は野口英世青春館。)



コーヒーカップには野口英世とメリー夫人の似顔絵が。
野口英世にちなんだ国々のコーヒーを出してくれます。



ケーキセット。
酒粕プリンをいただきました。
会津の酒粕が上手く使われていて濃厚で美味しい。
酒粕が豊かに香ります。
抹茶アイス付き。



落ち着いた雰囲気で歴史を感じられるお店です。



黒光りする床、太くて年季が入った柱や天井の梁が素晴らしい。
明治17年(1884)築。
銀行、医院、カフェと用途を変えながら残されてきた建物です。



アンティークなランプはオーナーの手作りやヨーロッパで買い求めたものだとのこと。




会津壹番館
Text & Photo by 
妖精たちとお茶を
次の食レポは「菜食ごはん Rocca (大阪・肥後橋)」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.