1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. ゆったりとした空間で、ワインと頂く絶品とんかつコース:『かつ好』人形町

ゆったりとした空間で、ワインと頂く絶品とんかつコース:『かつ好』人形町

2017年8月11日




とんかつ大好きなワタシ。普段は”定食”的なお店が多いのですが、人形町の目立たない裏路地に、コース仕立てでゆっくりと楽しめる『かつ好』というお店が出来たよ~!!と友人が教えてくれました。しかも、ワインを合わせると絶品!と聞き、早速予約を押さえて行ってきました。 

『かつ好』は、本当に目立たない場所にあります!!!人形町交差点の一本裏には違いないのですが、車が入れない細道なのです。(道ではなく路地です)先に入店した友人がお迎えに来てれて良かった♪  正直、こんな場所にこんなに素敵なお店が隠れているとは思えない。玄関も重厚感があり、知らなかったらこの扉を開ける事自体を躊躇しそうなほどでした。





中に入ると、古民家を改造したような風情のある店内。聞くともともと民家だったところに手を入れ、古材を使い今の雰囲気に仕立てたとのこと!とんかつ屋さんとは思えないほど素敵。1Fは6席のカウンター、2Fはテーブル席になっているようです。

メニューは、単品+ご飯味噌汁で、定食スタイルも頼めますが、今日は【5,000円のコース】を頂きました。(前菜 / 三味煮 / 玉ねぎサラダ / 車海老 / ロースorヒレかつ / ご飯・おつけもの・汁わん・〆カレー / 抹茶アイス)



【前菜:大豆角煮】
とろける様な角煮。この大豆と共に一緒に煮付けている為、豆にもしっかりと味が沁み込んでいます。



【玉ねぎサラダ】
お店で削っている厚切りの鰹節が乗った玉ねぎサラダ。薄いものとは全く味わいの濃さが違いました。



【車海老】
家庭で揚げるエビフライとは別物ですね。尾がピンっと上がった形も美しく、海老の甘味が閉じ込められていました。ソースと梅塩、そしてレモンが付きますが、何もつけない、もしくは”梅塩”が、良かったです。





グラスワインは赤白各1種類。その時々で空いているボトルが変わりますので、確認しながら頂きましょう。(ボトルオーダーもあります)



この日は「Arrogant Frog Classic Chardonnay Viognier」(傲慢なカエル)という一風変わったネーミングのワイン。桃やパイナップルを想わせる香りに、微かにバニラを感じるフレッシュな果実味が、揚げ物ですが淡白なな味わいの車海老に合います。



【三味煮】
細かく裂いた豚肉を、にんにくや玉ねぎ唐辛子と合わせ、甘辛に味付けした物。これはおつまみとして最高。日本酒を合わせてもイイかもね。



そして、いよいよメインのとんかつへ。

オーダー事に冷蔵庫から取り出した塊から切り分けられるお肉。1つ1つ筋切をして、叩き、卵を付け、衣をつける。一連の動作がとにかく美しく見ているだけで ”美味しそう” と思ってしまいました。



揚げに関していは、高温と低温の2つの鍋を使い分けます。単純に右から左へ。と言うだけでなく、仕入れたお肉の水分量を考え、細かく温度調整と揚げ時間の調整をして、最高のとんかつに仕上げてくださいます。





カットされる時の、サクサクッ!と響く音も美しくいつまでも見ていたい。全部が見られるカウンター席がお薦めです!!



とんかつ完成~~~
(友人と二人でロースとヒレをシェア。)



【とんかつ:ロース】



【とんかつ:ヒレ】



生パン粉を使た粗挽きのサクサクと歯触りの良い黄金色をした衣。ロースは脂身とのバランスが良く混ざり合う、特にとろけるような甘さのある脂身はとんかつの真骨頂と言えます。ヒレは、良く見る円形ではなく、平たく切り開かれているタイプ。殆ど脂身が無いのでしっかりと締まった肉の味を楽しむことが出来ました。二人でシェアすると2つの味が楽しめるので二倍楽しめますよ。

とんかつには、先ほどの車海老で使ったソース・梅塩に加え、和辛子と山葵が薬味として追加されます。この山葵がかなりの万能選手!特にロースの脂身との相性が抜群。わさび醤油にするか?山葵だけにするか?が悩ましかったです(笑)



お代わり自由のキャベツには特製味噌ドレッシングを忘れずに。



ちなみに、先ほどのワインを気に入ったので、白のままとんかつにも合わせましたが、お肉とは言え豚肉は淡白な味わいなのでかなり良い感じ!これから、とんかつ&ワインにハマりそうな気がしました。

そして、最後の〆ご飯に出てくるのが、スペシャリティエ【スッポンカレー】
ハイ!お鍋で頂くとの多いあのスッポンです。お出汁がきいたベースに細かく裂かれた身入り、このカレーだけでも食べる価値があります。



ここで裏技発動(お店に方に教えてもらったのですが。。。)とんかつを一切れ残しておき ”カツカレー”にするんです 
もう、説明はいりませんよね。カツとカレーで、カツカレー。しかも、極上のとんかつに、スッポンカレーと来たら、美味しくない訳がありません。器の中から消えて行くのが惜しくなるくらいでした。ww





食後のデザートは、自家製の抹茶アイス。ザックリとした氷の食感が、揚げ物の〆には心地よい。



帰り際、2階のお客様が帰られたので見せて貰いました。テーブル席も話がし易そうグループの時はこっちかな。



とんかつで5,000円のコースってどうなの?と初めは考えていましたが、単品でも定食にしたら2500円はかかりますので、コースにした方がお得で安いと思います。前菜に加え三位煮や車海老付き、お酒を頂きながらのディナーとして、ゆっくり時間をかけて楽しむ事も出来ます。ちょっとした接待にも使える高級感がありました。次は、特吟ロースor特吟ヒレかつが気になるので、6,000円にもチャレンジしてみたいですね!お肉の違いが気になっています。

席数が少な目なので、予約をしておいた方が無難です。

かつ好
電話 03-6231-0641
住所 東京都中央区日本橋人形町3-4-11

営業時間 月〜土 ※毎月第二月曜日休業
     ランチ:11:30~14:00(L.O.)
     ディナー:17:30~20:30(L.O.)
定休日 日曜休業・毎月第二月曜日休業

Text & Photo by 
IkukoDays
次の食レポは「鉄板DINING『十一』(兵庫・伊丹)」>>

関連キーワードから食レポを探す

「ゆったりとした空間で、ワインと頂く絶品とんかつコース:『かつ好』人形町」の関連食レポ

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.