1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 青山の煌めき(ウラ編)。(1706再訪)──「傳」@外苑前

青山の煌めき(ウラ編)。(1706再訪)──「傳」@外苑前

2017年7月30日


ほぼ2ヶ月ぶりに青山の「」さんに伺ってきました。この日、料理長の長谷川さんはお留守で久しぶりの「うら傳」です。カウンター内には新しいスタッフさんも数名。。。新旧の皆さんが力を合わせて頑張ってくれているので、長谷川さんも安心して出かけることができるようです。

この日の一品目は「人参のスープ」。



人参しか使っていないそうで、とても身体に良さそうな味わい。。スーーっと五感に染みいる美味しさです。

暑い日だったのでノドが乾きました。という訳で一杯目は「とりビー」いただきました(少し飲んでます・汗)。



トウモロコシとバジルのかき揚げ。



意外な組み合わせですが、軽やかでサックリとした仕上がり。両者の良いとこどりですね。おうちでも真似して作ってみましたが、好評でした♪

お料理に合わせて日本酒をいただきます。



「月山 美月 純米吟醸」(島根・吉田酒造)。アルコール抑えめのスッキリとした上品な味わい。。。お料理が際立ちます。

続いてはフジモン作の八寸。



傳さんで「八寸」とは珍しいのですが、食べ応え感もあって、お味も相当頑張っているようです。。。オクラの煮こごりがもう少し安定感があったらパーフェクトだったのに、ちと惜しい(笑)!!

季節のごちそう、鮎さんの揚げ物です☆



美味しいですねぇ。頭からガッツリといただきます!

鮎さんに合わせていただくのは「日高見 夏吟 氷温貯蔵 吟醸酒」(宮城・平孝酒造)。



夏酒らしいキリっとしたキレのある爽やかな味わい。。。

続いてはイワシ(たぶん・汗)のなめろう。。。



たっぷりと添えられた茗荷が清涼感を運んできます。

お肉はロールチキン!!



いくつでもお代わり自由!という太っ腹ぶりが嬉しい!!



このような感じで熱々のお出汁をかけていただきます。お出汁が優しい感じでお肉と合います。

お肉に合わせて少しだけワインをいただきます(えっ?)。



いただくのは「Roero Arneis Casa Vinicola Bruno Giacosa 2015」。イタリア・ピエモンテのフルボディ。。。上品な果実味が凝縮された実に美味しいワインです。お代わりしたい美味しさ♪

お椀はなんと!春雨がたっぷり入った「酸辣湯」です(驚)。



お野菜がたっぷりで酸味を抑えた柔らかいお味。。。日本料理店でいただく「酸辣湯」も良いですね。冷房で冷えた身体にジンワリと染みていきます。。。

此方は箸休めの「南蛮味噌」。ふじもん作。。。



ピリ辛ですが、お酒のアテにちょうど良いですね。自信作らしく、お土産に分けていただました。

合わせていただくのは「みむろ杉 夏純 やまだ錦 生詰」(奈良・今西酒造)。



瑞々しい感じのフレッシュでライトな味わいのお酒です。初めていただきました。

お肉料理二品目は「角煮」です。



トマトのお出汁と少しから目のトマトソースがお肉とよく合いますね。お腹いっぱい!と言いながら、お友だち共々完食(笑)。美味しかったです。

この日のご飯はお大根が炊き込んであります。







海苔が夏らしい食感を楽しませてくれます。

中国から勉強に来ている目の大きな彼女がデザートの解説を加えてくれます。



「桃ウーロン茶なんてあるのね!!」と感心していたら、某ルピシアでも販売されているのだとか(遅)。。。上質の台湾ウーロン茶に白桃のみずみずしい香りをアレンジしたものなのだそうで、人気のお品だそう。。また「桃膠」とは桃の木の樹脂なのだそうです。かたそうですが。。。
そして彼女が作ったデザートが此方。



彼女の地元で作られているデザートなのだそう。。。ヨーグルト風味の繊細な食感。。。そっかー、中国の人たちはこのようなデザートを食べているのですねぇ。。。うらやましい!!

飲み足らなさそうな顔をしていた訳ではないのですが(汗)、「コロさん、実はとっておきのお酒があるんです!」と、少しだけグラスに注いでくれたデザートワインが此方。



「Stanton &Killeen Grand Rutherglen Muscat」。とても濃厚で美味!!デザートともビッタリコンの美味しいワインでした。「オーストラリアで出会って、あまのり美味しさに購入してきました!」という通り、日本ではなかなか出会えない感じのテイストです。まさに酒飲みマインドを刺激する一杯(笑)。



長谷川さんはお留守でしたが、スタッフ一人ひとりが腕によりをかけてとっておきのお料理やサービスで競い合う場として、「うら傳」はますます賑やかに進化中のようです。

北欧から戻ってきたばかりで美味しい日本料理に飢えていたのですが、おかげさまでホッコリと癒されることができました。たまにはこのような「うら」も良いですね。
でも次回は長谷川さんがいらっしゃる「おもて」が良いかな(笑)。ワールドワイドに勢いづく傳、これからがますます楽しみです♪

ごちそうさまでした☆


●傳東京都渋谷区神宮前2-3-18 建築家会館JIA館 B1F
03−6455−5433
(ご予約受付 12:00−17:00)定休日:日曜日

Text & Photo by 
Welcome to Koro's Garden!
次の食レポは「タートバン@伊勢佐木町」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.