1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 入谷鬼子母神前のだやで鰻!

入谷鬼子母神前のだやで鰻!

2017年7月3日


なんと、鰻でございます。ものすごい久しぶり。スーパーで買って食べたのからも久しぶり、お店でいただくなんてどれぐらいぶりでしょう。
期待に胸をふくらませながら、鶯谷駅から歩いてお店に向かいました。6分ぐらいでしょうか。
大通りに面したお店です。お、ありました!



正面からも撮ってみました。



ふむふむ、日によって産地が違うのね、焼く方もご紹介いただいているのね~。
約束の時間にはちょっと早かったんだけどお邪魔しちゃいました。こちらのお店は、アンジャッシュ渡部の紹介でも有名なんだそうです。
お席は奥の離れへ。お店の中の写真は、お店の方に許可をいただいて撮っています。
離れのお部屋の中には色紙が飾られています。それもちゃんと額装して、きれいにかかっているのでステキ!
奥の家紋は、裏梅というんだそうです。梅に桔梗の花かと思った浅はかな私・・・(笑)



ランチョンマットは季節のアジサイ。



一つ一つが細やかね~という印象を受けました。
相方が来るまでに、テーブルにある資料でちょっとお勉強。のだやさんの歴史。



鰻のお勉強。なるほど、天然ものではなく、養殖、それも特定の養殖なのね。愛情こめて育てた鰻なのね~。



お、相方きました!
まずはアルコール。大して飲めない私は、グラスワイン白をお願いしました。



お通しはきんぴらと胡桃ちりめん。
今日は初うなぎをいただきます。初うなぎっていうのは、世間では新子と理解されているそうですが、ちょっと違って、新子の中でも特別で脂が乗っておいしいものなんだそうです。こちら、のだやさんでは、どこにも先駆けて出しているそうな。
ウ~ン、楽しみ。
さて、まず珍味三種。右から鰻の一夜干し、八幡巻き、西京漬け。



一夜干し、初めてのお味でした。普通鰻って甘辛く味をつけることが多いのに、これは塩味なんですよ。おいしかった~。
八幡巻きはやわらかくておいしかった。そして西京漬けも初めて。
意外なお味に出会いました。
次に注文したのは、う巻き卵。
これ、写真がボケてるんじゃないです。湯気です。



しっかり鰻の存在感!たくましい鰻がしっかり入っていて、これだけでもかなりのボリューム。
お味がついています、とのことでちょこっと大根おろしをのせながらいただきました。
なんておいしいんでしょう。大丈夫かな、私。うな重入るかな・・・けっこうお腹いっぱい。
焼くところを見せてくださる、ということで見に行って来ました。



今日の焼き担当、先ほどお名前の出ていた山本さんですね。許可をいただいてお顔も出させていただいています。
こんなに間近で焼いている鰻を見ることってないですよね~。動いているうちわが半分透明に写ってます。



お席に戻って、鰻きました!



蓋を明けたところです。ご飯を少なめにしてもらったので、鰻の位置がちょっと下に下がっていますが、通常はもっと上のほうになるんでしょうね。
アップです。



キラキラしてます~。
いただくとやわらかくてほろっとした鰻がお口の中に・・・
おいしい、としか言葉が出ません。語彙が足りないよ~、私。。。

肝吸いとお漬物。



おいしいですね~、肝吸い。
すいません予想通りですが食べきれません。そしたらお弁当のようにおもたせにしてくださいました。よかった~。
今日は私だけゼイタクするので、オットにもお土産をと思って注文時にあわせてお土産をお願いしておきました。
うな重のあさがおをお土産に。





それがこちらです。



帰宅してからオットに出すと、おいしいおいしい、久しぶり~と大喜びでした。ちょっと点数稼いだ?(笑)

帰りに撮った、のだやさんのカンバンです。



鰻の形の「う」の字が面白い。
と、ゼイタク~なお食事でした。大変おいしい鰻でした。

ごちそうさまでした~♪



入谷鬼子母神門前のだや
Text & Photo by 
おいしいもの大好き!
次の食レポは「美味しすぎる担々麺! オーパスワン」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.