1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 姫路生まれのどろ焼きを味わおう!:『喃風 池袋駅前店』池袋

姫路生まれのどろ焼きを味わおう!:『喃風 池袋駅前店』池袋

2017年6月3日




私は下町育ちなので、お好み焼・もんじゃなどの鉄板焼きはかなり食べている方なのですが、姫路生まれの「どろ焼き」は、このお店でしか頂いたことがありません。池袋で体験できる”ご当地グルメ”を楽しんでみませんか!

『喃風 池袋駅前店』。店名通り、池袋駅のすぐ近く、西武側のUNIQLOのある角を曲がるとすぐに見えました。19時ごろ入店すると、すでに満杯!!ウェイティングしている人も数組いましたよ。(予約して行って良かった)



店内は昭和な雰囲気が漂うレトロテイスト。こんな雰囲気に合わせて、ドリンクは「バイスサワー」にしてみました! バイスとは梅酢のこと。甘酸っぱさがクセになる爽やかなドリンクですよ。これに焼酎が入ってバイスサワー。駄菓子の様な懐かしい酸味が後引く美味しさで、ソースものに合うんです



つまみは「パリパリキャベツとキュウリの肉味噌添え」シンプルだけど、シャッキリ歯応えが美味しい。



最初に「どろ焼き」一番人気の”どろねぎすじこん”に。キッチンで作られ、目の前の鉄板にサーブされる関西スタイル。柔らかくって、とろっとしているけど、もんじゃほど形が無いわけでもない、ほんと不思議な感じ。しかも!!!!お出汁につけて食べるので、明石焼きチックでもある。一体これは何と表したらいいのかしら?ww 「どろ焼き」としか言えない、このお店でしか食べられないレアさで、クセになる美味しさなんです。







「つゆだく鉄板出し巻き」これも気になってた一品。ちょっと風味がどろ焼きに似ていました。でも玉子オンリーなのでシンプルな味わいですね。



「北海塩バター焼きそば」バター入りの海鮮。文字を見ただけで美味しそう
ソースよりもさっぱりしているので、2人でもペロり、割と軽く食べられました。



最後はソース味が恋しくなり「豚玉+チーズ」。こちらも少し柔らかめ、中身がとろりととろけだします。丸く焼かれた状態で運ばれてくるので、マヨ・ソース・鰹節・海苔は自分でトッピング。ちょっと可愛くしてみました。





デザートは「白玉あんことアイス」。アイスの種類を選べたので抹茶チョイス。抹茶・白玉・あんこの完璧なトライアングルが完成です♪




この日はホントに引っ切り無しにお客様がやって来ていた『喃風 池袋駅前店』。カップルもファミリーも、皆さん楽しそうに食べていたのが印象的。そうそう、インバウンドの方も多かったです!! 美味しいものは皆さん調べて知っているんですね。お席だけの予約も可能なので、出来たらしたほうが良いですし、せめて来店前に電話確認した方が良いかもと思いました。



『池袋 お好み焼き 喃風 駅前店』http://nanpuu-ikebukuro-ekimae.com

電話 03-5927-8433
住所 東京都豊島区南池袋2-27-5 カテイビル4F

営業時間 月~金  17:00~23:30(フードL.O.22:30 ドリンクL.O.23:00)
     土 日 祝 12:00~16:00(L.O.15:00)17:00~23:30(フードL.O.22:30 ドリンクL.O.23:00)

 
Text & Photo by 
IkukoDays
次の食レポは「 Manly」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.