1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. ビストロ クワバラで牛サガリのステーキ@福岡・渡辺通

ビストロ クワバラで牛サガリのステーキ@福岡・渡辺通

2017年5月30日


2日間連続ライブで体力を消耗。
造血せねば…ということで
「ビストロ クワバラ」でバベットステーキのランチ。

こちらのお店、昼も夜もバベットステーキセットが基本…
というか、特化していると言っていいくらい
メニューを絞り込んでいる、ちょっと珍しいお店です。



「バベット」とは日本でいうと
牛肉の「はらみ」や「さがり」にあたる部分のことのようです。
(横隔膜の背中の方が「はらみ」でろっ骨近くが「さがり」)
赤身肉で柔らかくはないけれども
じんわり出てくる旨味が特徴だそう。
フランスのビストロ定番料理で
フランス人が一番好きなステーキとも言われています。

ランチはバベットステーキにサラダ・自家製パン・
コーヒー&デザートのセットで
1,500円の1種のみ。
まずはサラダから。
シンプルですがヴィネガーソースがきちんと美味しい♪
ピシッと酸があってアンチョビZ(かな?)の旨味がいい感じです。



自家製パンはシンプルな丸いパンと




胡桃とレーズンのパンの2種類。
このクオリティで食べ放題OKは嬉しい~^^



ステーキは150gの牛さがり肉に
この日は鹿児島産新じゃが芋のフリットがたっぷり。
柔らかくも、噛みごたえのある赤身肉。
肉を喰らっているという充実感がいい!
肉のシンプルな旨味がじわじわと広がります。



「ジュドブッフ」というソース、
味のメリハリがハッキリしていてシンプルな旨味とマッチ。
店内にはお店の心意気を現す看板が。
「私共が知って頂きたいのは
 何よりも先ずソースです。
 フランス料理=ソース。
 ソースの基となる出汁を取るのに10時間以上かけています。
 パンでぬぐって召し上がれ」



さがりを掃除した時に出るスジを無駄なく使い
時間をかけて作られたソース。
クラシカルな美味しさを大切にされています。

デザートのフィナンシェも基本に忠実に美味しかった。



このお店のもう一つの特徴。
それは看板猫ちゃん!!!
めっちゃかわいい~~♪




お店の中を自由に歩き回り
空いてる席に座ったり
かわいいおねーちゃんの膝に座り込んだり^^;
猫グッズもチラホラ。



お昼からワイン片手にランチされてる方もいらっしゃって
うらやましいのなんのって!
「白レバーの瓶詰めムース」や
「豚の激旨リエット」など少数精鋭のメニューも
酒呑め!と言わんばかり。

単品をプラスしてお昼からのんびり
バベットステーキランチwithワイン。
次回はそうしよう…




**********************************
ビストロ クワバラ
福岡市中央区渡辺通3-7-1
092-726-7883
*渡辺通の桜十字病院の横道を入ったところ。
 「梅山鉄平食堂」のすぐ近くです。
Text & Photo by 
a day in my life
次の食レポは「富山(富山市布瀬町):コンヴィーヴィオ (CONVIVIO)」>>

関連キーワードから食レポを探す

「ビストロ クワバラで牛サガリのステーキ@福岡・渡辺通」の関連食レポ

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.