iメンテナンスのお知らせ
  1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 野田の居酒屋「お多福」

野田の居酒屋「お多福」

2017年5月20日


久々に野田へやって来ましたよ。
ええ天気やなぁ・・・新車のステンレスな阪神電車が眩しいぜ。



昔は職場が中之島センタービルだったから、ちょっと足を伸ばしてJR野田駅くらいまで歩いて昼飯食べたよなぁ。
阪神電車の野田阪神駅南側からこのJR野田駅近くまで、アーケードのある「新橋筋商店街」が続き、結構な賑わいを見せている。
その新橋筋商店街の途中、四辻のところに映画のセットのような激渋居酒屋があるわけ。
中之島センタービルで働いていた時からもちろん知っていたし、結構な有名店なんだけど、実際に中に入るのは初めてなんだよね。

大衆酒場「お多福」だ。



外から中の様子が全く分からないため、いちげんさんにはハードルが高いじゃないか。ま、でもせっかく来たんだし入ろ~

あ、なるほど、中に入ってしまえば一気に気分が落ち着きますなぁ。
外観の年季が物語っているけど、営業を始めて60年以上、厨房を囲むようにコの字のカウンターに赤いパイプ椅子。木板張りの壁、奥の棚には一升瓶と招き猫を筆頭に縁起物がならぶ。これぞ、ザ・昭和の大衆酒場ですな。

店内右手からL字で折れ入口側少しまで、カウンターの前に冷蔵ケースがある。上下2段に色んな惣菜が並んでおり、酒飲みおっさんからの発注を待ちわびている。

んー、ここは日本酒にするかな。
メニューにある「お酒」をお願いすると、常温か燗かを聞かれたので常温で。
こういう銘柄を指定しないお酒って、大手メーカーの清酒が出されることが多いんだけど、このお店では清酒「大盛力」を出す。
力強い墨文字で書かれたラベルが男前、これぞ日本酒という面構え。



冷蔵ケースの上にコップをこつっと置いたかと思うと、足元から一升瓶が出てきてなみなみと注がれる。お、淡い黄色なんですな。
濃醇しっかりめ、まろやかな甘味を感じながらも最後にはヒリリと辛味がやってくる。日本酒飲んでます~って感じ。
和歌山岩出の吉村秀雄商店が扱う酒なだんけど、吉村秀雄商店といえば「車坂」が有名だよね。ただ、この「大盛力」はオリジナルブランドではなく、もともと和歌山の別の蔵が醸造していたところを引き継いだ感じのようね。

冷蔵ケースにはなかったので、「お造り何かありますか?」と訊いてみると、まぐろとタコがあるとのこと、ここはまぐろを発注。すると、まな板の上にドーンと大きなまぐろ切り身ブロックが登場。それを手際よくカットした赤身がやってきた。
あっさりのはずなのに、このねっとりしっとり感と、どこからともなくやってくる旨みがたまらんな。



昼12時の開店した段階で、もちろん一通りの肴はあるんだけど、夜に向けてなのか、次から次へと惣菜を生み出している。
あれは、ポテトサラダかなぁ~
ちょうど、ぬた和えとポテトサラダが仕上がったであろうタイミングで、そのポテトサラダを注文。

あ・・・これ思ったよりも酢がきいてるな。
しっとり滑らかなポテトがグー。きゅうりと人参がたっぷり混ぜこんであるのと、ハムじゃなくてキューブなベーコンも入っているのがいいですな。



豆腐(150円)。こちらは湯豆腐か冷奴チョイスなんだけど、今回は暑いし冷奴で。もろもろっとした舌触りがええ感じ。



お酒をおかわりして・・・

「・・・。」
さっきから妙に目が合うんですけど。
冷蔵ケースに入っている、その中から目が合うんですけど。和物とかだし巻きとかの間に、あのビジュアルだもんな。

鯛の頭焼き。
すでに焼き上げてあるので、お願いをすると冷蔵ケースから取り出し、レンジで温めてくれる。レンジでチンではあるんだけど、これ見た目より白身がたっぷりなのと、塩味がええ塩梅なのと、身のしっとり感と旨みがグーなのよね。



今回、「大盛力」をコップ2杯に4品の肴だよね、これでしめて1770円。
惣菜の値段書いてなかったけど、この合計からすると、一品200円とか300円とかだよね。

昼酒できる老舗居酒屋、気になる人は是非。


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:お多福
場所:大阪市福島区吉野2-13-14
時間:12:00~22:00(土日祝は10:00~)水休
次の食レポは「*うさぎのもなか*」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.