1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 深谷の煮ぼうとうを食べてきた

深谷の煮ぼうとうを食べてきた

2017年3月31日


ほうとうはおうどんだろうか? という疑問はあるものの。埼玉ご当地うどん的な検索をすると煮ぼうとうも出てくるのでおうどん扱いで。わたしの生まれ育った土地では老若男女問わずうどんを『おうどん』と呼ぶことが多く『うどん』と言う(あるいは書く)ことになんとなく少しの抵抗がある。
ほうとうと言うとカボチャが入っていて味噌で甘く煮込んであるものしか知らなかった。深谷の煮ぼうとうはカボチャを入れず、醤油味で煮込むとのこと。群馬のおっきりこみも同じ感じだとか。さっそくお店を検索。深谷まで出かけてみることにした。
一件目にたずねたお店はなんと臨時休業。虎ひげさんに行ったのが『しばらく臨時休業』の貼紙がしてあった。いつまでお休みなのかはわからない感じ。というわけで、青淵亭さんへ。思い貸せば加須うどんを食べに出かけた時も一件目は臨時休業だった……



古民家をそのまま使った青淵亭(せいえんてい)



一枚板の看板




中へ入ると玄関口は古い民家のまま。田舎の祖父母宅のような。



靴を脱いで室内へ入ると床の間が



店内

メニューは煮ぼうとう以外にもいろいろあったが迷わず煮ぼうとうセットを注文。
煮込む間時間がかかるのでお茶を飲みつつ待つこと20分くらい。



煮ぼうとうセット来ました



根菜やキノコたっぷりの煮込み。醤油ですね




ほうとう。幅広でやわらかく、もっちりした食感

どちらかというとコシの強い讃岐うどん系が好きなのだけど、やわらかく煮込まれてもちもちした麺もとても美味しかった。おうどんというより、すいとんに近い感じ。味付けは醤油だけど具材がたくさんにこまれているからかまろやかでやさしいお味だった。



そして深谷のゆるキャラ、ふっかちゃん。頭が深谷葱。
Text & Photo by 
さいたま日乗
次の食レポは「ホテルミラコスタ オチェーアノで朝食を ~イタリアつながり~」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

インスタグラム

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.