1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 梅田の居酒屋「大衆酒場 ながはま」

梅田の居酒屋「大衆酒場 ながはま」

2017年3月20日


大阪梅田、お初天神裏参道。
何度か予約しようと連絡したこともあったけど、満席で入れない~という印象。
今回、夕方に連絡を入れたところ、何とか席の確保ができたのでやってきた。

「大衆酒場 ながはま」だ。



中に入ると、昭和の居酒屋を感じさせる木製の壁、カウンターやテーブル。そうでありながらも、まだ新しい感じとカジュアル感が漂う。

串かつを食べに来たんじゃないんだけど、付きだしはキャベツ。
塩昆布とにんにくチップがトッピングされているんだけど、かかっているタレがええ塩梅でついつい箸が伸びる。



あれ、お造りとかはないのかな・・・メニューを見た感じ・・・ないな。ま、いいか。
酒肴三種盛り(780円)から。
酒肴の単品メニューが9種あって、そこからのおまかせチョイス。
黒ミル貝わざび和え、鮭明太子、梅水晶がやってきたぞ。
あー、黒ミル貝の食感がこりゃ酒専用って感じだな(笑)
ん・・・この鮭明太子も、ちびちびつまみながらいい肴になるなー



一品メニューは50種類くらいあるんだけど、200円台後半から500円前後がほぼほぼ。がっつり飯系ではなく、酒のみアイテムが充実している感じですな。
炭焼きカテゴリーから、かぶら(380円)を。こちら、かぶらを焼いたところに、オレンジ色の・・・これからすみなんだよね。かぶらはほどよく柔らかいし、からすみの塩分がベストマッチ。



昔なつかしのハムカツ(300円)は、こんがりいい色合いで揚がってきたぞ。
これ4つにカットされていたから中み見せて写真とればよかったね。
このカツの厚さ1cm以上はあると思うんだけど、ハムもしっかりその厚さ。ハムはとっても柔らかいけど、食べごたえ十分なアイテムだ。



厚切りベーコン(580円)。
香ばしく焼き上げたころを頬張ると、ジュワッと旨みが口の中に広がる。



鯖へしこ(380円)。
ドリンクは一通りある感じだけど、日本酒も地酒がいくつか。「東洋美人」「明鏡止水」「風の森」など・・・その時期時期によってラインナップは変わるようだ。日本酒に合わせた肴も充実しているのも嬉しいですな。



ここって、たこ焼きもウリなのか・・・
蛸焼きカテゴリからすっぴん(6個300円)を発注。
特徴は、昆布やかつおでダシをとっているのに加え、鶏白湯スープを使っているんだって。たこ焼きそのものに味がしっかりついているから、そのまま(すぴん)で食べるのね。確かに、そのままで十分味が付いていて美味しいわ。結果的に、ソース(300円)や、ねぎまみれ(350円)も注文して食べちゃったよ。





わいわい飲むにはいい感じのお店。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:大衆酒場 ながはま
場所:大阪市北区曽根崎2-10-10 あーけるびる1F
時間:18:00~翌5:00(L.O.4:00)
電話:06-6366-8338
次の食レポは「YAKINIKU DAICHI ROPPONGI (ヤキニク ダイチ ロッポンギ)」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.