iメンテナンスのお知らせ
  1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 新大阪「赤白(こうはく)」

新大阪「赤白(こうはく)」

2017年3月18日


ちょっと用事があって大阪に行って来ました。一泊二日とあまり時間もなかったので、あまりお店巡りはできませんでしたが、大阪の玄関口、新大阪のグルメを堪能しましふた。到着してすぐに行ったお店は「赤白」。これで「こうはく」と読みます。大阪に何店舗かある洋風のおでんや串焼きをアテにワインなどを楽しむちょっと洒落たお店です。以前梅田にある店舗の前を通ったことがあるのですが、その時はすごく混んでました。新大阪にもお店があるとのことなので、金曜の午後1時くらいに行ったらすいてました。新大阪店はすいてるんでしょうか。



まずはビールではなくグラスのシャンパン「ルイ ドール ブリュット」シャンパンながら550 円ととってもリーズナブル。上品な味です。



料理一品目は「大根ポルチーニ茸クリームソースがけ(180円)」
大根にたっぷりかけられたポルチーニソースは、薄い褐色でポルチーニの香りが豊か。そのお陰でビールではなくシャンパンに合う!





2品目は「フォアグラ入りラビィオリ トリュフ風味のクリームソース(380円)」
これもクリームソースですが、さっきと香りが違います。大ぶりなものが一つで、もちもちでトゥルンとしたラビィオリはソースが濃厚でトリュフの香りがほんのり。





ここでグラスの白ワイン、リースリングを使った「ローゼン(630円)」に。グラスワインは、白赤とも12種類づつありました。



ここからは串系にいきます。まずは「鶏ももウズラ玉子(2本@320円)」
鶏肉は柔らかいけど程よく弾力もあってほんのり甘みとコクのあるディアブルソースがあう。





次は「鶏ももマッシュルーム(2本@360円)」
これは柑橘の酸味が効いてる。その後トマトのコクと甘味がやってくる感じ。





「子羊ももカブ(2本@390円)」羊肉はしっとりとした柔らかいけど弾力があり、アンチョビクリームソースが濃厚で、赤ペッパーが味のアクセントになっています。





締めの一品は「赤ワインとトマトのモツ煮(460円)」和の食材だけど洋風のデミグラスっぽい赤ワインのソースが合う。森下にある「山利喜」のもつ煮を思い出しました。



どの料理も創意工夫がしてあって、ありそうで他では食べられないおいしい料理でした。しかも雰囲気も良くてリーズナブルなので、人気が出ないわけないですね。東京にあったらちょこちょこ来たいいいお店でした。



【住所】大阪市淀川区西中島5丁目16−1 アルデ新大阪

Text & Photo by 
食べたものなど
次の食レポは「【ニラ】ニラと豚肉の炒め物」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.