1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. レンジで手間なし!鶏むね肉とオクラのお浸し

レンジで手間なし!鶏むね肉とオクラのお浸し

2017年3月12日




今回のレシピは、レンジで一度に作れる一品。
鶏胸肉をチン♪して蒸し鶏にするついでに(^-^;)
他の野菜も一緒にチン♪したら
おもてなし風の小鉢もののできあがり〜!
…っていえば大体どんな風に作るのかは想像できますよね?

美味しく作るためのポイントを書いておきますから
そこを外さないようにして作ってみてくださいね(*^-^*)

「鶏胸肉とオクラのお浸し」

【材料】約3人分

*鶏胸肉小さめ 1/2枚
*オクラ 6〜8本(縦半分に切る)
*粗塩 2つまみ程度
*コショウ 少々
*日本酒 大さじ1
*生姜 少々(千切り)

*醤油 小さじ1
*いりゴマなどの薬味(お好みで) 適宜

★塩は精製していない粗塩(海の塩)をお使いください。



1.【下ごしらえ】
鶏胸は皮を取り、手の平でしっかりと抑えて
真横から水平に包丁を入れて開く。
分厚いところを開くことで厚みを均一にする。
そうすると火の通りがムラにならない。
粗塩を振ってまんべんなく手で擦り込んでおく。

2.【レンジ加熱する】
鶏肉とオクラを耐熱容器に並べ、オクラに軽く粗塩を振り、
日本酒を全体にふりかける。
ふんわり緩めにラップをかけたら電子レンジ(600w)で数分間加熱します。
鶏肉大きめなら3分、小さめなら2分半くらいかな。
取り出す目安は、ラップがパンパンに膨らみ、湯気が出てお酒の香りが漂ってくるまで。
途中で止めたりドアを開けたりしないこと!

3.【仕上げ】
レンジから取り出したらすぐにお箸などで一箇所穴を開け、
ラップをかけたまま粗熱が取れるまで放置する。
余熱でしっかり中まで火が通り、
加熱されすぎないので柔らかくジューシーに仕上がります。
触れるようになったらオクラを取り出し、
鶏肉は繊維にそって手で細く裂く。
醤油を振り、混ぜながら肉汁に絡ませて味を染み込ませる。

4【盛り付け】
まずオクラを先に盛り付け、その横に鶏肉を添える。
中央が山高くなるように、立体的に盛り付ける。
好みでいりゴマをふって完成。



レンジ調理のコツは、目と鼻を使うことかな(^-^;)
アルコールは75度くらいで沸騰するので、
ラップが膨らんだ時点では、中はまだまだぬるいのです。
あ、沸騰してる!と慌てて取り出すと生煮えで(汗)
なんどもチン♪する羽目に…
ラップが膨らんでから湯気が充満するまで少し待って、
取り出してから冷めるまで少し置くっていうのがポイント( ^ー゚)♪

こうすると、びっくりするくらい柔らかい蒸し鶏が出来上がります。
上手にできたら、サラダに使ったり、煮物や炒め物に混ぜたり、
そのままでも美味しいけど、何と組み合わせたら合うかな〜♪
と、色々と想像を膨らませてみてくださいね。

ちなみに、今回一緒にチン♪したのはオクラでしたけど、
グリーンアスパラや白菜、きのこでも(*^-^*)
ここに季節の野菜を使うと季節感が出ますよ〜!
Text & Photo by 
aiai @cafe
次の食レポは「ランチブッフェ(大地の恵 赤羽)」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.