1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. すし元@伊勢佐木町

すし元@伊勢佐木町

2017年3月6日


日曜は日ノ出町あたりへ出かけた。ならばということで、イセザキモールへ抜ける途中で、すし元へ寄った。昨年の11月、二女の誕生会をやって以来なので、本当に久しぶりだった。

まずはビール、そしてメインをオーダー



生ビールをオーダーしたら、夜営業用に頼んでいるがまだ来ていない、とのことでスーパードライの中瓶にした。この日のメニューから選んだのは特選にぎり1500円。特選海鮮丼は1200円だが、気分的にはにぎり鮨だ。ほかには刺し盛合せ定食2000円、本鮪の鉄火丼1200円、いくらしょうゆ漬のばらちらし1800円もラインナップ。釜揚げしらす丼と本鮪赤身漬丼は終わっていた。

特選にぎり、珍味の"のれそれ"











このお盆に乗った品々で1500円。いつもながらのお得感だ。上段左側から胡麻豆腐、温泉卵、鮪カマの煮付け、サラダとなる。その下の青い器が何か分からず若大将に聞いたら「のれそれ」=穴子の稚魚。なんでも四国辺りでよく獲れる春の珍味なんだとか。ところてん状に透き通っていてよく見るとれっきとした魚体だ。ちゅるっ、こりっとした食感は独特だが非常に美味しい。



にぎりは白魚、生海老、いくら、鯛、ボイル蛍烏賊、卵、かんぱち、鮪大トロ、烏賊、ボイル海老の10貫。特に白魚と蛍烏賊はこの季節には特有のねたで毎年必ず付いている。どれも確かな下拵えを施した完璧なねた。生の甘海老は赤海老に似たとろりと甘い絶品、鮪の大トロはまさにとろける脂が刮目。1500円のランチセットに付くようなねたではない気がする。









なお、地味で目立たないけれども、アオサがたっぷりと入った味噌汁は基本出汁がしっかりと取られていて、なおかつ上等な田舎味噌を丁寧に溶かしたこの店の定番なのだ。もちろん、鮨ともよく合うし、刺身定食にもうってつけ。そしてなんといっても体が温まる。ゆったりと絶品にぎり鮨をいただき、満足。春めいてきた空の下、店を後にイセザキモールへと向かった。

お店データ



すし元

横浜市中区長者町8-125
電話:045-251-0215
営業:11:30~14:00、17:00~25:00
定休:火曜
最寄:市営BL伊勢佐木長者町5分、
   京急 日ノ出町4分、JR関内15分程度
Text & Photo by 
MusicArena
次の食レポは「ホルモン・焼肉 幸楽」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

インスタグラム

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.