1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 手作りで超簡単&便利な本格的トマトソース

手作りで超簡単&便利な本格的トマトソース

2017年2月15日






イタリアの友達に昔習った超簡単で便利なのに本格的な作り方。少し日本風を取り入れたアレンジ。ピザを作るにも、パスタソース作るにも、重宝するトマトの缶詰。作り置きすると、できたソースは応用も効きます

トマトソースの材料
・エキストラバージンオリーブオイル=良いものを使ってくださいね。フルーティで喉を通る時えぐいというか少し苦いというか・・ピリピリする感じがあるのが若いオリーブで純正だそうです。・トマト缶、または熟れたトマト。ヨーロッパにいらっしゃるなら、長細い柿の形のようなトマトを選んでくださいね。市場で売ってます
量は、あるだけお好きなように。・トマト一缶1、または熟したトマト中2個・オリーブオイル30cc~ (かなり多めで)・塩 小さじ1・ニンニクくスライス 3片・あればアンチョビ小さなもの半缶なのでトマト缶二つ分作ると一回で使い切れますね なければ、だしの素でも。小さじ1 あと、コクが欲しい時は、昆布茶か、昆布を乾燥したまま煮込む時に足してください・砂糖 少し

1・フライパンにオリーブオイルを入れ温めます
2・ニンニクを弱火でゆっくり炒める
3・弱火のまま、アンチョビを入れて軽くバラバラにする
4・トマト缶と塩、(だしの素の場合はここでいれます)を入れる
5・中火にして、ふつふつとしてきたら、沸騰しない程度に火を弱め静かに煮込んで水分を飛ばします
6・10分〜15分煮込むと、ゆるゆるでオイルと分離していたソースが、一体化してきます
7・味見をして、何か足りないと思ったらお好きに足してください
  濃い味がお好きな方は、トマトピューレを足してください
8・日持ちしますが3〜5日以内にどうぞ

アレンジアラビアータ・ひき肉と玉ねぎのみじん切りと鷹の爪(好みで)を炒めてソースを混ぜると、アラビアータソースになります
チキンのイタリアンソース・トマトソースにマッシュルームとニンニクすりおろしたものを加え、少し煮込みます 鶏もも肉に、(一枚につき大さじ1ほどの)酒をふりかけ、あらびき塩胡椒と、ニンニクパウダーをまぶして15分置く 少量の油で中火以下でじっくりもも肉を焼き、上から暖かいトマトソースをかけます  煮込みハンバーグ・おたま一杯分に対して、300ccとこんめキューブ一つ、ウスターソース大さじ2、砂糖小さじ1でハンバーグ1時間ほどゆっくり煮込む 一緒に、春キャベツを煮込むと美味しい
ミネストローネ・500リットルに、おたま1杯分のトマトソース。 冷蔵庫の中にあるお野菜、セロリ、ニンジン、玉ねぎ、ソーセージなど余り物で十分なミネストローネができます
トマト鍋・いつものお鍋に、トマトソースを足してください。分量はお好みで。ニンニクを多めに入れると美味しいです
ピザマルゲリータ・ピザ生地や、トーストに薄く塗り、モツァレラチーズを500円玉ほどの大きさにちぎって置きます (最近は、ピザトースト用みたいな形のバラバラのも売ってるみたいですが純度が違うようです) 350度で余熱し、250度で10分ほど焼いたら出来上がり(様子を見ながら焼いて、早い段階で焦げ目がついたら、 銀ホイールを生地の上にかぶせて、さらに焼いてください) 出来上がったら、バジルを乗せてください。(私は焼くときに入れます) ※アメリカンタイプのピザ味がお好きな方は、ソースに「オレガノ」を足してよく混ぜてから使ってください




小麦粉があれば、ピザ生地も簡単に出来ます
冬はお昼に作り始めると、夕方には生地も膨らんでいい感じになります
一回用に分けて、タッパに入れると冷蔵庫で保存もききます

生地材料
強力粉 200
薄力粉  50
塩     2g
オリーブオイル大さじ1
ドライイースト 小さじ1

1粉を混ぜ、塩を入れたところと離れたところにイースト菌を置きます
(塩が、イースト発酵を阻害するため)冬場は、イースト菌のために砂糖をひとつまみ入れてもOK
2イースト菌のあたりにぬるま湯を少し入れ、軽く混ぜます
 イーストが溶けたら、残り全部のぬるま湯とオリーブオイルを入れ混ぜます
3水分が全体に行き渡ったら、全体的に生地がまとまるように捏ねます。
 あまり力はいりません。混ぜていると、手の感触で、水分と粉がまとまって滑らかになるのがわかります。
 (5分〜10分くらい)台に叩きつける工程は・・・要らない気がします。
4丸く整えたら、濡れ布巾か、ホテルによく置いてあるシャワーキャップなどを
 ボールにかぶせて、3時間ほど置きます。夏は発酵が早く進みすぎて、
 生地が酸っぱくなるので気をつけて。冷蔵庫で1晩発酵=一晩させても構いません。
5生地を見て、1.5〜2倍ほどに膨らんだら、綺麗なまな板かシートの上で、
 生地を伸ばしてガス抜きをします。ガスがない場合もあります
6生地を測って半分に分け、丸めて20分〜30分置きます。
 濡れた布巾をかぶせてすぐに使わないときは、このままタッパに入れて冷蔵庫で保存します
7綿棒か手のひらで20〜23cmほどに広げます
8最初に作ったトマトソースを生地の上に広げます
9もツァレラチーズを500円玉くらいにちぎって広げます
10目安=350度で余熱したオーブンで250度で10分〜15分焼きます
  焦げ目がひどく着いてしまいそうなときは、途中度で、素早く銀紙ホイルをかぶせてください

※焼き加減はそれぞれお持ちのオーブンの癖をご存知と思いますので、試しながらやってください
次の食レポは「輪っか屋さんのベーグル通販」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.