iメンテナンスのお知らせ
  1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. [おやつ]9/365 BAKEのチーズタルト

[おやつ]9/365 BAKEのチーズタルト

2017年1月24日


今年はじめてのチーズケーキは、厳密にはケーキではなくタルトでした。BAKEのチーズタルト。



チーズケーキは、ベイクドもレアもスフレもぜんぶ好き。でも、タルトでチーズというと、実はあまり選ぶことがなくて。
比較的いつでもどこでもあるという安心感から、その横に並べられたナッツやフルーツが焼きこまれたもの、あるいはこちらはいつでも目がないチョコレートに目移りして、「また今度にしよう」と先送りしてしまい、その内、嫌いなわけではないのにほんとうにまったく食べなくなってしまいました。
そういうものってままあって、チーズタルトは象徴的な一品かも。
そういう、「嫌いなわけではないのに食べた記憶のとんとないもの」のことを考えるとき、わたしはいつも映画の『マイブルーベリーナイツ』のことを思い出します。あの映画ではそれがブルーベリーパイだったなあ。すごくきれいなキスシーンと、ジュード・ロウ演じるカフェの店主の台詞に反して、クリームをたらしたブルーベリーパイが印象的な映画です。
というわで、選ぶから食べないのかも……と思い、選ばないお店へ行ったみた結果が、この2段組み。



いつも行列を横目で見て通り過ぎていたBAKE。はじめて並んでみましたが、これは並ぶ価値がある黄色い箱だ……! たしかに「The Best Cheese Tart Ever」です。その名に偽りなし。
とろりとしたチーズのフィリングはもちろん、ざっくり焼かれたタルト生地がものすごくおいしいのです。焼き菓子が好きな人は、ぜったい好きなしっかりした味。
なんでこんなにおいしいの! と興奮して調べて、北海道のきのとやさんにルーツがあると知って納得しました。
きのとやさんと言えば、農学校クッキー。この世であのクッキーがいちばん好きなのです。こんなにシンプルな味で、はっとするほどおいしいってどういうことだろう……と、毎回しみじみ感動します。クッキーを「清潔な味がする」と言い表したくなるのは、あのクッキーがはじめて。
このタルト部分だけでも食べたい、でもいっしょに食べるのがいちばんおいしい……と悶絶しながら感触しました。イエローの箱も、ぱっきりとしていてとてもかわいい。



温めても冷やしても、いっそ凍らせても(!)おいしいというこちらのチーズタルト。今回は我慢できず、2つとも常温で食べてしまったので、また近いうちに買いに行きたいなあ。
Text & Photo by 
午後3時には休みたい
次の食レポは「輪っか屋さんのベーグル@アトレ恵比寿」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.