1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 鷄そば処 かしわ@馬車道

鷄そば処 かしわ@馬車道

2017年1月17日


(補遺)昨年末12月12日、馬車道にオープンした新店で、鶏ラーメン専門店。相生通りの一角に店があるが、およそラーメン屋には見えないので気が付かずに通り過ぎてしまうところだった。

店舗は相生通りのビルの一階、奥まったところ



スチール製の赤いドアを押して入るには少々勇気が要る。果たして、ドアの向こうには瀟洒な黒白のツートンカラーに間接照明が施されたモダンな空間が広がっていた。厨房を取り囲むカウンタと壁に向かうカウンタ、そしてテーブル席が整然と並び、イタリアンかフランス料理のキュイジーヌ、あるいはクラブかバーの雰囲気だ。昼下がりだったがなぜか先客はゼロ。後客が1名といったところ。



入口左側に券売機があって更にその脇に商品の写真が掲示されている。すかさず若い女性スタッフがやってきて、お勧めは塩で、具の全部載せバージョンのスペシャルだという。またスープの濃淡により「あっさり」と「濃厚」が好みにより選択可能とのこと。お勧めなので塩、そして濃厚のセットを頼んだ。好きなところへどうぞ、とのこと、テーブル席の一角に着席する。程なくラーメンがサーブ。



スープは鶏白湯、丼には多彩な具が潜む



まずはスープを一掬い。白湯だが思ったほどの粘性はない。それでも割と濃厚な鶏スープであり、確かに「かしわ」を名乗るだけあって鶏本来の風味ととろみがあって完成度はかなり高いスープだ。当然に臭みの類は一切感じられず、純粋な鶏出汁がストレートに来る。麺はピロピロした平打ちの縮れ麺でもっちりとした食感の低加水。柔らかいかと思いきや最後まで腰は持続した。



具だくさんで楽しい。鶏チャーシューは二枚で、一つは淡白な胸肉、もう一つはモモだろう。どちらかは忘れたが燻製になっておりスモーキーで美味。両方とも燻製でも良いくらいだ。ハーフの味玉は味自体はあまり強くないがとろりとした卵黄の凝固加減は良好。鶏つくねは軟骨入りで、ざっくり、こりっとした食感で鶏風味が満載。ワンタンにも鶏挽肉が仕込まれ、こちらは生姜風味が爽やか。







全体がバランスして美味しかった。鶏炎の締めに出るラーメンの白いスープに酷似した精妙な鶏スープが絶品で、一滴残さず頂いた。あっさり鶏スープもあるので是非とも次回には試したいし、ラーメン定番の醤油ダネと合わせたこのスープがどういった挙動を示すのかも確かめてみたい。レベルの高いラーメン屋が出現したものだ。今年は馬車道界隈がラーメン激戦地となる予感もする。

お店データ



鷄そば処 かしわ

横浜市中区相生町4-65
電話:045-323-9484
営業:月~金:11:30~14:30、17:00~スープ切れ
   土:11:30~14:30
定休:日祝
最寄:MM21線 馬車道2分、市営BL関内3分、JR関内6分
Text & Photo by 
MusicArena
次の食レポは「愛すラブ 山梨「信玄餅ソフトクリーム」」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

インスタグラム

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.