1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 【千葉のラーメン】こってりだけじゃない らーめん なりたけ 幕張店

【千葉のラーメン】こってりだけじゃない らーめん なりたけ 幕張店

2016年11月28日




「なりたけ」と言っただけで今や千葉のラーメン代表と認識してもらえるアイコン的存在。

背脂ギトギトでどちらかと言えばフリークに支えられてきただけに、それが新店をロードサイドに造ったのだから驚き。

すっかり新店で人気を博しているということで行ってみました。



すでに開業して半年。
千葉支店を閉めて新たにできた「幕張店」。
幕張店という名前からして駅近かとおもいきや、まさかの京葉道の武石ICの近く。

「こってりだけじゃない」がこの店のトレードマーク。



幕張駅からは全然離れていてまず車でないと来れない場所だし、ほぼ農村地帯の何にもない辺鄙な場所。
ただなぜかここには毎年のように飲食の新店が出来ています。
やはりICから近いですし、またいわゆる旧道なので交通量も多いからとは考えられます。



これまでのなりたけは自営業的小型店だったので、ファミレスくらいのこの大きさにまずビックリ。

業態変更ぐらいの違い。



そして駐車場が満杯、この第1の奥には第2、第3駐車場があるほど。
辺鄙な場所なとというハンデは全く関係なくとにかく人気。





なりたけは味噌のウリ。

私もどちらかといえばここのラーメンに慣れてきたときには味噌を好むようになっていました。

それよりもこういうメニュー看板があるのが驚き。

何をどう頼んでいいかわからないような店から始まって、今やこんな親切な形態になるとは・・・

もしかしたらフリークには「こんなのなりたけじゃない」という人もいるかと思うのですが、私的にはいいと思うのです。

業態を変えることと、提供するものが変わるがイコールでなければ。





めちゃくちゃこざっぱりした店内。人数的には100名くらい入るんじゃないかな。

カウンターが通路を兼ねたセンターにあり、その両脇がテーブル席という面白いレイアウト。
追いやられた感のあるカウンターと違ってこういうのはいいですね。

働く人も明るく、フォーメーションもとても気にかけながらお客さんを迎えているようです。
けっしてそれまでのなりたけがガサツであったわけではないにしろ、よくここまで。
感心。



店装はとても明るく、なりたけのテーマカラーであるオレンジとナチュラルの木目をうまく組み合わせているので、これなら男子の巣窟?であったこれまでのイメージは完全払拭。
実際女性も多いし、過去にはありえなかった子供連れのファミリーもいたりします。
窓際のずらりと並んだ椅子は順番待ちのためのもの。
人気のほどをうかがわせてくれます。



醤油らーめんもやし大盛。
脂普通、濃さ普通、麺硬め。

店が変わってもビジュアルはバラチャーシューとともに変わりませんね。





背脂チャッチャのこのギトギトも変わらず。

ホウっとなります。

まずは一口。
多少塩っ辛いかえしのスープ。脂の甘さ。

ホープ軒の系統。
たしかになりたけなんだけど・・・



私は以前住んでいたところからよく堀切菖蒲園の「弁慶」へ行く機会がありました。
弁慶から枝分かれしたなりたけ。
津田沼に出来た時のなりたけはまさに弁慶でした。
ちょっとだけ洗練された。

しかしこの幕張になって、そのルーツから少し離れてむしろ西新井の「涌井」、もちろんその原型の「香月」に少し近いようなより洗練されたものになってきているような気がします。
津田沼よりも洗練されているのは店の雰囲気に引っ張られているからかな?



麺はこの太さとコシがベストマッチですね。
食べごたえがあって味わいもあり。



とはいってももう私もトシなので、さすがに普通の脂で頼むと途中でギブアップになりそう(笑)
ということでオキマリのにんにくと豆板醤を少々投入。

しかし今までのあのデカボトル(業務用ボトル)がこんなカレーの薬味風の容れものになるなんてまたまたビックリ。



それでもさすがにスープを飲み干すのはムリでした。

今度は「こってりだけじゃない」ラーメンのほうをいかなくては。


これです。

「魚だし醤油らーめん」
こう見るとさすがになりたけの通常のビジュアルとはかけ離れていますよね。





この深鉢の丼は最近の中華そば系のトレンド。



明らかに最近の「中華そば」のイメージトレースがされています。
昔風?では水菜もないし、千切りの白ネギもないですし。
スープの味もそう。
この味は・・・とにかくどこかで記憶したもの。はっきりとはしません。
何処かに似ている・・・



チャーシューももしかしたらバラじゃなく肩に変えたのかな?
ちょっとはっきりしませんが。



中細麺は確かにノーマルなりたけとはちがいますね。
こちらのが弾力がない分噛んだ時の小麦の風味がわかるタイプです。



ちょっと先の向かいには味噌ラーメンの田代商店。さらに先には丸亀製麺。

街道沿いのはブロンコビリー、焼肉南大門、さらにはらーめんばんから系列「角煮屋」もあり、おそらくこれからも周辺は飲食競合が増えるんじゃないでしょうか。



そうそう、武石IC側からだと途中展開しないとなりたけには来れません。
特に目の前はガードレールの1車線。
ここを無理してUターンしてくるクルマがいますがこれはキケンなのでやめましょう。
当然駐車場待ちなんぞを街道でしようものなら路が完全に塞がるので絶対やめましょうね。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

こってりらーめん なりたけ 幕張店
ジャンル:ラーメン
アクセス:JR総武本線(東京-銚子)幕張駅北口 徒歩12分
住所:〒262-0031 千葉県千葉市花見川区武石町1-242-1
次の食レポは「関西 ひたすら歩き旅 ~ 九度山ごはん ~」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.