1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 麺屋M@阪東橋

麺屋M@阪東橋

2016年11月29日


横浜橋商店街に買い物の用があり、少しだけ足を延ばして夏以来の訪店となる麺屋Mでランチとした。

看板メニューが装いを新たにした

店に着いた時点ではカウンタが先客でほぼ埋まり、二人が並んで座れるだけの空席がかろうじてあって幸運だった。





券売機の様子が違っていて、左上隅のボタンに張り紙がしてある。曰く、新商品で煮干し100%のスープになったとか。つまり今までの看板商品が変更になったということを意味するらしい。この食券を2枚購入して着席。なお、カウンタ内には相応の年齢の女性スタッフが手伝いに入っていた。来て間もないらしくて要領を得ない場面もあり店主から時折指導を受けていた。

煮干し100%のスープはピュアで滋味深い



店主にスープの事情を聞いてみた。魚介のうち昆布や節系を抜き、鰯の煮干だけにして純度を上げようと試みたところ単調に過ぎるので結果として数種類の煮干を組み合わせているそうだ。なお、臭みや灰汁は一切なく、それは比較的低温でゆっくり丁寧に煮出しているからだそうだ。なるほど現在巷で流行っている煮干ラーメンとは一線を画する繊細さだ。



手揉みの縮れ麺とよく絡む純粋煮干スープは絶品であり、以前の多元的な魚介スープの味よりかは更にピュアで求道的な滋味を湛えている。かといって単調ということはなくてじわじわと旨味が満ちてくると次の一掬いを誘ってなかなかやめられなく、麺よりもスープが先に終わってしまうような勢いだ。他の具材も従前通り抜かりない。なお、海苔が更に増量されている気がした。
麺屋Mのラーメンは求道的だが気軽に寄ってさっと食べられる利便さがありこの界隈では昨今お気に入りだ。そのスープが更に進化し、雑味を更に削ぎ落としてシンプルさを増した。シンプルなだけに誤魔化しが効かず、従ってクォリティ一本勝負の潔さだ。今後は煮干しを売りにするのかどうか定かではないが、店の看板が一新され煮干しのロゴが描かれていた。

お店データ



麺屋M

横浜市中区曙町4-45
電話:045-231-7882
営業:11:00~15:00、17:00~22:00
  (月木は昼のみ営業)
定休:火曜
最寄:市営BL阪東橋3分、伊勢佐木長者町4分、
   京急黄金町5分、JR関内12分
Text & Photo by 
MusicArena
次の食レポは「高円寺 『あげもんや』」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.