1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 十三の台湾まぜそば「まぜる」

十三の台湾まぜそば「まぜる」

2016年2月21日


阪急十三駅西側、国道を挟んだ先にある繁華街、十三栄町商店街。
ザ・十三な光景が広がる通りなんだけど、ここに台湾まぜそば「まぜる」が出来ている。



奥へと続く縦長のL字カウンター席のお店。適当に席に座って注文したけど・・・あ、入口に券売機があったのか。改めて、チケット買って、と。
「台湾まぜそば」の店なので、餃子くらいはあるものの、メニューは台湾まぜそばシリーズだ。カレーとかパクチーとか10種類くらいあるのよね。

今回は、初参戦なので、オーソドックスな台湾まぜそば(780円)を。
豊中の「麺やマルショウ」以来かな、台湾まぜそば。



卵黄が日の丸的に盛り付けられた状態だけど、店名の通り、これをよく混ぜる。とにかくまぜる。

麺は、町田製麺所のものだそうで、太麺だ。もちもちもっちりで、しっかり弾力で美味しいですなぁ。そして、底にある旨みタレは、15種類の調味料を配合したもので、自家製煮干し油とネギ油を加えたものなんだって。香ばしい風味が楽しめる。
ピリ辛なのは、肉味噌か・・・台湾ミンチの肉味噌は、鷹の爪、豆板醤、甜麺醤、生姜、オイスターソースで煮込んだもの。ここに、魚粉の味がかぶさってくる。

カウンターには、自家製昆布酢、自家製辛味などがあり、好みで味の変化を楽しもう。

で、恒例の麺を食べたあとは、残った具に追い飯。



ん?
食べ終わったあと、器の底に「中吉」の文字。おみくじになっているのね。



「丼ぶりの底に「大吉」「凶」が出ましたらスタッフに申し付け下さい。」
「凶」がでた時にどうなるのかが気になるな・・・

台湾まぜそば、おみくじが気になる人は是非~


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:まぜる 十三店
場所:大阪市淀川区十三本町1-7-33
時間:11:30~25:00(L.O.24:30)
電話:06-6304-0070

次の食レポは「肉とスパイスとクラフトビールの隠れ家ビストロ : 『肉屋 カーニバル』 下北沢」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.