1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 豚の角煮 Barriga de Cerdo

豚の角煮 Barriga de Cerdo

2015年7月25日

豚の角煮が食べたくなったので作りました。
本当は準備したお肉の倍量を購入したかったのですが、店頭には欲しい量が売られていませんでした(残念)。。
豚の角煮が出来上がるまでは時間が掛かりますし、お世話もちょこちょこ必要で、その仕事量と頂ける量が比例していない割の悪いお料理だとも思いますが、たま~に無性に頂きたくなります。



張り切って豚のバラ肉を買ってきましたが、他に入れる材料はその時の気分でいつも変わるので今回は下記のようになりました。

材料)
豚バラ肉       1キロ
           (ロースト用だったので、皮目に切込みが入っています)
大蒜(にんにく)   2片
生姜         1片
玉葱         1個
白ワイン       約100cc(日本酒がなかったので)
黒砂糖        大匙3~4杯
醤油         大匙3杯
(あれば、おからを加えて肉を煮ると、おからが脂を吸いさっぱり仕上がります)



1)大きな1塊ごとに切った豚バラ肉をお鍋に入れ、たっぷりの水を張ります。
(おからがある場合は、この時点で適当に加えて火にかけます。茹で上がった後は一度流水でお肉を洗うので、おからがお肉に付いても心配要りません。)



2)火にかけます。
沸いてくる前に沢山の灰汁(あく)が出てくるので綺麗に取り除きます。



3)約1時間経ち軟らかく茹で上がれば、流水で灰汁を洗い流します。
(煮汁は後で使うので置いています。)



4)序(ついで)にお鍋も綺麗に洗って茹で汁を入れ戻し、豚バラ肉、玉葱、大蒜(にんにく)、生姜を入れます。



5)白ワインを入れ、お肉にたっぷり茹で汁がかかっているようにし(足りなければ水を加えます)、落し蓋をして火にかけます。



6)1時間ほど煮てお肉がかなり軟らかくなれば、黒砂糖、醤油を加えてあと30分~1時間ほど煮込みます。



7)納得のいくまで味を含ませれば、直ぐに頂けます。
(ですが暫く、または一晩寝かせてもいいです。その場合は表面に脂が固まってくれるので取り除き(勿論頂いてもいいのですけれどもね)、温め直します。)



8)私の場合は一晩寝かせ、表面の脂を取り除き、温め直した翌日以降に頂きます。
蒸しオクラに煮汁をくぐらせたものを添えました。
和芥子(わがらし)が欲しいところなのですが、持ち合わせていなかったのでそのまま頂きました。(が、やっぱり芥子は欲しい!!)



トロトロ~ほろほろ~に煮上がった豚角でした!!

後日談:実は豚の角煮を作る時に玉葱を入れるのは、お肉を軟らかくさせる作用をちょっぴり期待していることに加え、あとあとその余った煮汁でご飯を炊く為にトロトロの玉葱が良い具材になってくれるので時々加えています。
他には、八角を加える時もよくあります。(1つ入れるだけでも、八角の特徴的な良い香りが広がります。)
お子さんが頂かないのであれば、唐辛子を加えてピリッとさせても美味しいです。
次の食レポは「牛肉と茄子とトマトの冷たいおうどん【カフェ中野屋】」>>
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ