1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. キヌアピラフ

キヌアピラフ

2015年3月29日

アメリカ在住の娘から送られてきたキヌアを使って、ピラフを作ってみました。



キヌアとは、南米原産の穀物で、見た目は、日本のヒエとかアワのような感じです。



品種によって赤、黄、紫、白など色んな色があります。

私が今回使ったキヌアは、3色のトリコロールです。

大好きなトレーダージョーズ (Trader Joe’s) のトリコロールキヌア



みじん切りにしたにんにく、玉ねぎ、好みの野菜とベーコンを炒めたところに、
チキンスープで煮込んだキヌア (↓) を入れて、パラパラっと炒めました。



味付けは、塩、こしょう、バターだけ。

恐る恐る味見をしてみる...

どうだろう、どんな食感、どんな味...???

うん? うーん? う、うんうんうん~。

いいんじゃない~?
あー、何か、ポソポソっとしつつも、プチプチッとしてて
私の好きな食感かも~。

夫に食べてもらったら、「面白い食感だけど美味しい」と、とりあえず合格点を
とることができました~!

よかった~ (^^)

日本ではまだ馴染みが薄いキヌアですが、
前回のチアシード同様、楽天でもアマゾンでも取り扱いがあるので
お手軽に購入できます。

私は、こうやってピラフにしてみましたが
そのまま、お米に混ぜて一緒に炊き込む、というのもありですね。

キヌアの栄養価ってどうなのよ? と思い、
ちょっと調べてみたところ、とても栄養価が高いミラクルフードだということがわかりました。

まず、キヌアは、グルテンフリーです。

それだけでも、ダイエッターには嬉しい要素ですね。

あと、人間に必要なほとんどの栄養素である、食物繊維、タンパク質、カルシウム、カリウム、
マグネシウムやリン、亜鉛、鉄などが豊富に含まれていて、その含有量は、玄米より多いそうです。

また、キヌアの脂質は、ほぼ、リノレン酸、オレイン酸(不飽和脂肪酸)で、
特にリノレン酸は、血中の悪玉コレステロールを減らして、
善玉コレステロールを増やす効果がある、とのことです。

これはもう食べるのが楽しみになってきましたよ

料理教室では、いつも十二穀米を使っていますが
今度は、キヌア米にしてみようかな?
次の食レポは「胡麻ぼたもち」>>
ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ