パティスリーオフク、秋の新メニュー@金沢(広坂)

2014年11月29日



先週の日曜の午前中に久しぶりのお日様が顔を出す、休日しか布団を日光消毒できないのでジャージ姿でえんやこら移動。
ついでに冬対策の布団に替えて防寒も万全、寒くなるにつれ片づけするスピードがスローになってまいりました。

そんな日曜の早いお昼の後、まだ13時半頃だったけどデザートに直行、広坂にあるPATISSERIE OFUKU (パティスリーオフク)
2階のカフェスペース、土日の3時ごろオヤツタイムだと満席が多いが、さすがに時刻はまだランチタイム内で楽々、でもこの後に続々とお客さんが入店してきました。



階段を上がって一番奥のスペースは窓越しから見える21世紀美術館を眺めながら寛げる絶好のロケーション。
天気の良い夏の日の午後だと最高♪



夫の選択はおニューのケーキ2種。

・プログレ
クルミのマカロン生地に栗のバタークリームと洋梨のコンポートをサンド、レグリスが香るマダガスカル産カカオのサンビラーノのクレムーと。
レグリスとは甘草のこと、日本では生薬のイメージが強いが欧米ではお菓子やソフトドリンク、リキュールの原料として盛んに利用されている。

・サンカントサンク
イタリア・ドモリ社のハイカカオショコラをブレンドして55%に調製したショコラでクレムー、ガナッシュ、ビスキュイ等に。
1口強奪、まったり滑らかで見た目より自然な濃さでんまい、コニャックの香りがふんわり。



私の選択はほっこり系、モンブランは以前とは味も形も変わっての秋のおニュー。

・シャインマスカットのショートケーキ
この時期旬なシャインマスカットをのせたショートケーキ、シンプルなものほどクリームやスポンジが際立ってくる。
弾力があってふわっとしたスポンジに甘すぎないクリームと、そして平社員マスカットが瑞々しくて旨いわ。

・モンブラン
マニアほどではないですがモンブラン好きです、和栗の自然なあっさりしたものからプランタン銀座アンジェリーナのがっちり甘いモンブランまで分け隔てなく愛してます。
マロンペースト、生クリーム、底はメレンゲというタイプはよく見かけますが、
オフクさんのモンブランは固すぎないマロンクリームの下に生クリームとカスタードクリーム、中心には渋皮栗がコロン。
そして土台は周りがパリパリっとしたパイ生地で囲まれたざっくりとした焼き菓子。
何も知らないで食べたら感想がまさに「土台うまっ!!」、渋皮栗が偶然見つけたおまけのようでまた嬉し。

11月15日からはシュトレンも販売開始したそうで、厳選された素材とかなりのこだわった仕込みでかなりヤバ美味しいシュトレンが出来上がっているとのこと。
通販も始まるそうなので気になる方はお店にご連絡を♪

Text & Photo by 
ふりむけばスカタン
次の食レポは「Basket Cake♪」>>
ピックアップ
最新のおいしい!

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ