iメンテナンスのお知らせ
  1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. キノコとアサリの炊き込み御飯

キノコとアサリの炊き込み御飯

2014年9月21日



鳥の唐揚げ / ルッコラサラダ添え
キノコとアサリの炊き込みご飯
ほうれん草と青ジソの味噌汁
アサリの水煮缶とシメジ、干し椎茸を使います。
干し椎茸を使うのは、市販のシメジに風味がないから。
シメジだけの炊き込みご飯なら、それも繊細で良いんだけど、
今回はアサリに強い風味が有るので、バランスを取ろうかと。
食感的にはシメジが主役なので、椎茸は一枚で十分でしょう。



まず最初に、お米を研いで浸水します。
充分吸水させるためには一時間必要なのねー。
塩気の有るご飯を炊く時に、これをしておかないと、
芯からふっくら炊き上がりません。



次は出汁取り。
たっぷりの鰹節で取った一番だしを使います。
しっかり冷ましておきます。
ついでにひと仕事。



出汁を取った後の鰹節は刻んで、
酒、醤油、砂糖で炒り付け、ゴマを加えて ふりかけにします。



この ふりかけは便利だよ。
ご飯、おにぎりの具、お茶漬けはもちろん、
お味噌汁のお椀に ふりかけと、梅干や塩昆布などを入れて、
熱いお湯を注ぐと、美味しい吸口になります。
一番だししか取っていない鰹節は、まだ十分旨味も残っていて、
味も整えてあるので、お湯を注げばそれだけで美味しい。
塩、醤油、梅干、塩昆布などで塩気を調整すれば、なお結構。

さて御飯の準備に戻ります。



ほぐしたシメジと薄切りにした干し椎茸に、
醤油、酒、砂糖を振りかけ、
干し椎茸の戻し汁を少量注いで火にかけ、
濃いめの甘辛味に煮付けます。
まだほんの少し煮汁が残っているうちに火を止めて、



缶汁を切ったアサリの水煮を加え、一混ぜしておきます。
ご飯を炊いている間このまま置くと味が馴染みます。
水煮のアサリは、これ以上加熱すると硬くなる一方なので、
具材は別にして、炊き上がったご飯に混ぜ込みます。

後はご飯を炊くだけ。
アサリの水煮の缶汁とだし汁を合わせたもの、
醤油、酒、みりんを、
10:1:0.5:0.5の割合で米と同体積で使います。
これは今の私の黄金バランス。



これは浸水後のお米だけど、これだけ違うんだよ!
2合のお米で、体積400ccが500ccまで膨らんでいます。
よって、出汁420cc、醤油40cc、酒20cc、みりん20cc、
トータル500ccで炊くということです。
高級米を高級電気釜で炊く方には関係ないかもしれないんだけど、
アメリカのその辺のスーパーで買ったお米を、土鍋炊きにするもんで、
これくらいしっかりしないと、中々。。。ネ。

ところで、今の日本には10万円もする電気釜が有るんだってね。
結構売れているんでしょ?
そのお釜で炊いたご飯、食べて見たいな~。
今私が日本で食べてみたいものリストのトップがそれ。



御飯が炊き上がったら、直ぐにキノコとアサリを煮汁ごと乗せ、
蓋をして10秒だけ強火にかけて土鍋の温度を再度上げてから火を止め、
10分蒸らした後、全体をふっくら混ぜたら出来上がり。



柔らかくジューシーに揚がった唐揚げと、
アサリの旨味がしっかり生きた炊き込みご飯、
そろそろ季節も終盤のバーテンダーの青じそを
たっぷり刻み込んだほうれん草のお味噌汁。
イヤー、少々手間はかかっても、
こういう御飯、好きなんだよね~。



おしまい。
Text & Photo by 
its just my point of view
次の食レポは「卵黄の醤油漬け」>>

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.