ホワイトデーにもイケる?!桜餅と手土産系ラッピング

2014年3月13日



週末に、主人の実家へ持って行くのに桜餅を作りました。
和菓子ってちょっと、とっつきにくい感ありますが、
とっても簡単。
あんこは、乾燥状態で売られている”さらしあん”を常備しておけば、
いつでもこしあんが作れるし、水ようかんもお汁粉も作れて便利です。
桜の葉と桜の塩漬けは、なかなか当たり前のような顔して
冷蔵庫に入っている系材料ではないと思うので、
わざわざ買っておく必要がありますが、
それさえあれば、朝起きてから、「はっ!今日桜餅作ろう!」って思い立っても、
午前中には出来上がるぐらいの手軽さです。
ただ、フライパンで皮を焼くのに、1枚目は失敗するぐらいの気持ちで、
多めに作るのがおススメです(笑)
私だけかもしれないのですが、ホットケーキとか1枚目はなんかうまく焼けなくて、
2枚目のフライパンがなれてきたあたりから、普通に焼けるっていう。
なので、ホットケーキを1枚目から、きれいに焼ける人は、1発本番でいいかと。
多分、1枚目からきれいに焼けると思います。
私は、だいたい2枚ぐらいはダメ(笑)



やっぱりカゴですよね~
100円ショップで売ってる、てんぷら用の和紙が下に敷くのに使えます。
桜の葉版と桜の花版2種類。
食べてはやっぱり葉のほうが、桜の香り漂って桜餅って感じです。
ので、桜の葉のほうをを多めに作って、花版は1~2個入れるだけでもいいかもですね。
いつも両面焼くのですが、今回片面焼きにしてみたら、
片面焼きのがきれいに仕上がりました。
ひっくり返さなくて大丈夫だった~
ちなみに、焼いてる時の表面が、あんこを挟んでも表面になります。
常に表が表。
↑なんか回文みたい。全然ちがうけど(笑)



適当な和紙を上にかぶせて、ひもで結ぶだけです。
桜餅は、とっても手土産にいいです。
「ウソ!作ったの?!」となる確率高しです。
これからのお花見シーズンにもいいですね。
色合い的に、ホワイトデーもいこうと思えば、いけるんじゃないでしょうか。
ダメ?!
やっぱり和菓子は和菓子でしょうか^^;

【作り方】

【桜餅 紅白各5個分 全部で10個分】

・桜の葉  5枚
・桜の花  5個
(皮)
・小麦粉  50g
・白玉粉  20g
・さとう   大さじ2
・水    100ml
・着色料(赤) 少量
(あん)
・さらしあん 20g
・砂糖    30g
・水     50ml

1、(あん)鍋に、あんの材料を全て入れ、火にかけ、丸められる固さになるまで練り混ぜる。
2、あんが冷めたら、10等分にして丸める。
3、(皮)はじめは白玉粉と水だけをよく混ぜ、さらに小麦粉を砂糖を入れて混ぜ、それを半分ずつボウル2つに分けたら片方は赤く着色する。
4、フライパンは弱火で熱し、薄く油をひいておく。
5、生地をスプーンで円形になるようにフライパンに垂らし、 焦げ目がつかないように焼いて表面が乾いたら焼き上がり。(片面だけ焼けばOK)
6、生地であんを包み、赤は葉でくるみ、白は花をかざって出来上がり!
Text & Photo by 
ビジュアル系フード
次の食レポは「ジョアンのはちみつパン」>>
ピックアップ
最新のおいしい!

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ