ヴィクトリアサンドイッチケーキの作り方♪

2014年2月20日



バレンタインも終わり、ほっと一息(?)ついている今日この頃、、
本日は、あひるちゃんからリクエストを頂いた「ヴィクトリアサンドイッチケーキ」を作りました^^

こちらはイギリスの伝統的なお菓子*
18世紀後半に、ヴィクトリア女王のために作られたケーキだそうです。
基本的な作り方は、パウンドケーキと同じく、バター・砂糖・卵・小麦粉が同量で、
バターから順に混ぜていき、2つの型に流して焼きます。
焼き上がったら、ラズベリージャムを挟み、粉糖をかけて出来上がり♪

なのですが、あひるちゃんからのリクエストは、
重たくなく、ふんわりとした軽めの口当たりで、でもパサッとしていないもの。でした。

確かに、パウンドケーキを重ねたら、重たいですよね。。。

と言うわけで、配合はそのまま、軽いケーキに仕上げてみました^^♪

ラズベリーが手に入らなかったので、苺で代用していますが、
きっとラズベリーの方が酸味があって美味しいと思いますので、
みなさまラズベリーを手に入れてから!!作ってみてくださいね^^

ではレシピです♪

材料  12センチ丸型
卵  1個(50g)
グラニュー糖
  50g
バニラエッセンス  3滴
小麦粉(ドルチェ)  50g
バター
  50g

苺  120g
グラニュー糖
  20g
レモン果汁  5g

粉糖
  適量

作り方
準備)バターは湯煎にかけて溶かしておく。小麦粉はふるっておく。オーブンを170℃に温める。
1)ボウルに卵を割りほぐし、グラニュー糖を一度に加えて泡立て器で馴染むまで混ぜる。湯煎にかけながらハンドミキサーで泡立てる。人肌程度になったら、湯煎から外す。



2)ハンドミキサーの高速で泡立て続ける。リボン状に垂れるようになったら、低速で30秒ほど泡立て、キメを整える。バニラエッセンスを加え、混ぜる。



3)小麦粉を5,6回に分けて加え、その都度ゴムべらで底から返すように混ぜる。



4)湯煎で温めておいたバターを、5,6回に分けて加え、その都度ゴムべらで底から返すように混ぜる。



5)つやっとした生地ができたらOK。



6)クッキングシートを敷いた型に流し、170℃のオーブンで25分焼く。



7)その間にジャムを作る。小鍋にカットした苺とグラニュー糖を入れ、15分ほど置いておく。苺から水が出て、グラニュー糖が溶けたらOK。



8)弱火にかけ、どろっとするまで加熱する。レモン果汁を加えたら、完成。冷ましておく。



9)ケーキが焼き上がったら、網の上に出し、乾燥しないようにラップをかけて冷ます。冷めたら2枚にスライスし、ジャムを挟む。粉糖を茶こしでふりかけたら完成。



・・・ポイント・・・
卵をしっかり泡立てることで、きめ細かくふわっとした食感になります。
溶かしバターは熱々にしておくと、生地に上手く馴染みます。入れる直前まで湯煎にかけておいてください。
苺ではなくラズベリーを使う場合は、レモン果汁なしでもいいかもしれません。味見をして酸味が足りなければ入れてください。



ふわふわ~~なのに、しっとり~~♪
スポンジケーキのふわふわと、パウンドケーキのしっとりが合体したような味です*

ぜひお試し下さい(^^)
Text & Photo by 
marimo cafe
次の食レポは「マフィンのオープンサンドで朝ごはん」>>
ピックアップ
最新のおいしい!

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ