1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 豆乳で作るパンナコッタ

豆乳で作るパンナコッタ

2013年10月9日

豆乳を使って、パンナコッタ風のデザートを作ってみました☆



豆乳にはブラウンシュガーの香りが合うような気がしたので、普通のお砂糖ではなくて、ブラウンシュガーを使ってます。

豆乳パンナコッタの上にのっかってるのは、オレンジのジュレ。 上からブラウンシュガーで作ったシロップをかけてあります。

豆乳のパンナコッタの作り方

1、粉ゼラチン大さじ1を、水50ccでふやかしておきます。

2、鍋に、豆乳500cc とブラウンシュガー大さじ5を加え、ブラウンシュガーが溶けるまで中火で加熱します(沸騰させない)。 ブラウンシュガーが溶けたら、1でふやかしたゼラチンを加え溶かします。よくかき混ぜて、ゼラチンが溶けたら、火からおろして、冷まします。

3、冷めたらガラスの器に入れ、ラップをして冷蔵庫で冷やし固めます。 (熱いままガラスの器に入れると、ガラスが割れちゃうので、冷ましてから入れてくださいね。)

オレンジのジュレの作り方

1、粉ゼラチン小さじ2を、水50ccでふやかしておきます。

2、オレンジ2個はセグメント切りにします。(→セグメントの切り方はこちら) 

3、セグメント切りにして残った部分を絞った果汁を軽量カップに入れ、そこに蜂蜜小さじ1強を加え、合計で200ccになるようにぬるま湯を足します。蜂蜜が溶けるまでよくかきまわします。

4、3にの1でふやかしたゼラチンを加え、ラップをして、電子レンジで30秒ほど加熱して、ゼラチンを溶かします。

5、タッパーに、4と、2でセグメントに切ったオレンジの実を入れて、冷蔵庫で冷やし固めます。

6、ゼリー状に固まったら、オレンジの実を取り出し(飾り用)、ゼリーの部分をスプーンでぐちゃぐちゃとかき混ぜてジュレ状にします。

冷やし固まった豆乳パンナコッタの上に、オレンジのジュレをのせて、その上にオレンジを飾って、最後に、ブラウンシュガーを少量の水で溶いて作ったシロップをかけて、出来上がり!!  器の大きさにもよりますが、この分量で、上の写真のようなのが4個出来上がりました。

手が込んでるように見えるけど、ゼラチンをふやかして、材料を混ぜて、冷やすだけなので、超簡単。

豆乳のお豆の香りと、ブラウンシュガーの黒蜜っぽい香りがとても良く合います。 見た目洋風ですが、ちょっと和風の香りがするデザートです☆

これ、実は、先日 Cumulus で食べた ”mandarin jelly, honey & soy ice cream, granite” っていうデザートからアイディアを得て作ってみたんです。 Cumulus で食べたのは、豆乳のアイスクリームだったけど、アイスクリームを作るのは大変だから、パンナコッタにしてみたってわけです。

豆乳プリンっていうレシピがたくさん載ってて、最初はそのレシピの分量で作ってみたのですが、やっぱり乳脂肪が入ってないからか、かなりサラッとした食感のものが出来上がりました。

それはそれで美味しかったのですが、もうちょっとパンナコッタみたいな食感にしたいな~と思ったので、今回ゼラチンの分量を増やしてみたら、まるでパンナコッタみたいなプルンとした食感のものが出来上がって、大成功!!

牛乳も生クリームも使ってないので、普通のパンナコッタよりもかなりカロリー低いんじゃないかな? 
豆乳ならコレステロールもないしね☆

とっても美味しいよ~。 お試しを!!
次の食レポは「パン・バーニャ」>>
ピックアップ
最新のおいしい!

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ