夏の香りの白胡麻ごはん。

2013年8月12日



料理というよりも残りごはんの使い方。

お客様がみえ、たくさん炊いたご飯が
あまった時には冷凍する以外にも白胡麻御飯にしておきます。
たっぷりの白胡麻をくわえ胡麻油を少々垂らすだけ。
美味しい自然塩も少し。
お塩を入れることでお米の粒が白く元気になります。
ひと混ぜすると香りよいふんわりとしたごはんに。
玄米でも一緒。
ふんわりとした炊きたて風のごはんになるので重宝します。

夏は漬けにしたり、菜園野菜を刻んでのせたり
お漬物を刻んでまぜたり
胡麻油を多めに落とすとお野菜たちも御飯に馴染んでおいしくいただけます。

この時期、茗荷も美味しいですよね。
茗荷、和のハーブのような気はしますが熱帯アジア原産。
花穂には健胃作用もあるのですが冷え症、疲れ目にも。
次の食レポは「柴ふく 宇治金時きな粉@名古屋」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ
最新のおいしい!

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ