1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 寒天の緑豆あん添え

寒天の緑豆あん添え

2009年6月27日

緑豆を砂糖で煮ました。
お豆を煮るの、大好きです^^
前日水に浸すところから、明日は豆を煮る日って決めたときから、
なんだか楽しくなります。



そして、キャビネットの奥に発見した棒寒天を、シンプルに水で煮溶かして固めました。
私のお料理の先生は、天草から寒天を作られます。
それはそれは、本当に美味しくて!!!
でも、棒寒天や粉寒天も手軽にできて、ヘルシーおやつを目指すにはもってこいですね♪
黒蜜も、黒糖と水を煮立てて手作りで。
たっぷりかけて頂けば、どこかの甘味処に来ているみたいですよ!



こちら、緑豆あん。
水気がほぼなくなるまで、そして、豆の半量くらいがつぶれるくらいまで煮ます。
あんのレシピだけ載せておきます。
寒天は、袋の表示通りに水で煮溶かして固めます。



 『緑豆あん』

<材料>

緑豆   1カップ
水     3カップ
砂糖   100~120g
塩    ひとつまみ

<作り方>

1.前日の夜、たっぷりの水(分量外)に豆を浸しておく。(6~7時間)
2.翌朝水をきって、ざっと豆を洗う。
3.鍋に豆、水3カップを加え、火にかける。
4.沸騰したら弱火にして、30分~40分、柔らかくなるまで煮る。
5.砂糖と塩を加え、水気がほぼ無くなるまで煮る。

夏のおやつにオススメです^^
次の食レポは「エビとズッキーニのハーブパン粉焼き」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ

最新の おいしい!

インスタグラム

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.