フランスパンのカラフルサンド

2008年9月8日

 フランスパンのサンドイッチは、おいしいけど食べにくい。
お店で見かけても、おいしそうだなと思いつつ結局は敬遠する人も多いのではないだろうか。

 ところが、フランスパンで作るとっても食べやすい、おいしいサンドイッチがあるのだ。
昔、盛り付け箸の記事で書いたフードコーディネーターさんに教わった作り方。
フランスパンの中をくりぬいてポテトサラダを詰め、金太郎飴のように輪切りにする。
サワークリームと生クリームを加えたポテトサラダは爽やかでクリーミー、マヨネーズで和えたポテトサラダより1ランク上の味わいだ。
切り口は中の具材がモザイク状でかわいらしく、ちょっとしたおもてなしや持ち寄りパーティにぴったり。
ただし、お弁当にする場合は、この時期は特に保冷をお忘れなく。

■材料と作り方:
  • フランスパン(バタール/長さ35cm)…1本
  • バター…10g
  • じゃがいも…中4個
  • 玉ねぎ…1/4個
  • ミックスベジタブル…150g
  • ウインナー…4本
  • ディル(好みで)…1枝
  • ワインビネガー…大さじ1
  • 砂糖…大さじ1/2
  • サワークリーム…100g
  • 生クリーム…大さじ2
  • 塩…適量
  • 白胡椒…適量
  1. フランスパンを長さ二等分に切る。外側から1~1.5cmを残し、ナイフやスプーンを使って中身をくりぬく。内側のところどころにバターを塗る(内側全部に塗らなくて良い)。
  2. 白ワインビネガーと砂糖を耐熱容器に入れ、電子レンジにかけて砂糖を溶かしておく。
  3. じゃがいもを小さめのサイコロに切り、塩少々を加えて茹で、やわらかくなったらザルで湯を切り、鍋にもどしてさっと火にかけ粉ふきにする(サイコロの形を活かしたいので、つぶさない)。
  4. じゃがいもをボールに移し、熱いうちに(2)のビネガーをかけて、ざっと混ぜて冷ます。
  5. ミックスベジタブルを茹でる。にんじんが柔らかくなったらザルにとって水気を切る。
  6. ウインナーは3mm幅の小口切りにし、油を引かずにフライパンで炒め、粗熱をとる。
  7. じゃがいものボールにミックスベジタブルとウインナー、細かく千切ったディルをいれ、サワークリーム、生クリームを加えて和える。塩、白胡椒を加えて調味する。塩のめやすは小さじ1/2程度。味見をして加減する。この時ビネガーとサワークリームの酸味が気になっても、食べる頃には馴染むので無理に調整しなくて良い。
  8. できあがったポテトサラダをフランスパンにしっかり詰める。
  9. ラップできっちり包み、冷蔵庫に入れて最低3時間置いて馴染ませる。
  10. 冷蔵庫から取り出し、1.5cm幅に切って皿に盛る。
 ディルはお好みだが、香りがとてもよく合うので、生があれば是非少し加えてみて欲しい。
 この料理のコツは、何といっても冷蔵庫でしっかり寝かせること。
パンとポテトサラダの味が馴染んでおいしくなるし、切りやすい。
切るときは、くれぐれも厚切りにしないこと。見た目が野暮ったくなるし、食べにくくなってしまう。薄く切ればお子様やお年寄りにも食べやすい。
 もし、たくさん作ったサンドイッチが余ったら、チーズを乗せてオーブントースターで焼くと、これがまたおいしい(画像一番下)。

 フランスパンは焼きたてで皮がパリパリしたものより、完全に冷めた状態でビニールに入れ、半日ほど置いて皮もしっとりしたものの方が作業しやすい。また、くりぬいたパンの白い部分は、冷凍して砕くとおいしい自家製パン粉ができる。
Text & Photo by 
あぶかも
次の食レポは「黒ごまプリン」>>
ピックアップ
最新のおいしい!

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ