1. トップ >
  2. みんなの食レポ >
  3. おいしい! >
  4. 小豆餡の花巻レシピ

小豆餡の花巻レシピ

2007年11月23日

寒くなると肉まん、あんまんが恋しくなる、と誰かさんが言っていたので。先日も作った花巻きを今回は餡を入れて作ってみました。餡は冷凍しておいたもの。やっと使いきる(嬉)。
(画像は2次発酵前のものです)
中華の花巻きには伝統の巻き方ってあるのかしらね。細かいことは気にしません。工作気分で楽しく巻きました。こんなパンありますよね。
蒸篭からモクモクと上がる湯気と一緒にただよう小麦粉とイーストの匂い。この瞬間がまたいいもの。
そして、出来たてを食べられるのも、作った者だけに与えられる特権。(家族がそばにいたら別ですけど・・・笑)
ごちそうさまでした♪ すごく美味しかったのですが、餡が手につくのが難です。

レシピは、先日初めて花巻きを作ろうと思って、以前紹介した中華まんのレシピを引っ張り出したのですが、スキムミルクを切らしていて、スキムミルクなしで作ったら、これも美味しかったのです。
今回の作業でさらに微調節して配合をまとめました。よかったら皆様も作ってみてください。
巻き方はいろいろあるみたいなので、いろいろ作って教えてくださったら嬉しいです。

小豆餡の花巻き (8個分)

【材料】
・薄力粉 ・・・・・・・・200g
・上白糖 ・・・・・・・・15g (グラニュー糖でもOK)
・ドライイース ト・・・3g (小さじ 1)
・塩 ・・・・・・・・・・・・ひとつまみ
・ぬるま湯(人肌くらい)・・・・110cc
・サラダ油 ・・・・・・・大さじ 1

・つぶ餡・・・・適宜 (お好みで何でも代用できます)
・打ち粉

※粉とぬるま湯の関係は、季節や粉の種類で微妙に違うので難しいところです。
薄力粉は、特撰スーパーバイオレット(日清)を使いました。

【作り方】
(1)ボールの中に、薄力粉、砂糖、ドライイースト、塩をザルで振るい入れ、ぬるま湯にサラダ油を加えたものを数回にわけてフォークで混ぜながら加え、手にかえて全体をまとめる
(2)粉がなくなったら、台の上に移して10分ほど体重をかけるように捏ねる。
油を薄く塗ったボールに生地を丸めて入れラップをかける。
<1次発酵>
(4)私は大き目の容器にお湯(今回は人肌位)を入れ、その上に?のボールを浮かばせる。蓋をして40分放置。(途中、20分程経過したら、お湯を注ぎ足す。)
画像はきっちり40分後です。面白いくらい膨らんでいます。

<成形>
(5)生地を4等分して、麺棒で、18cm(よこ)×13cm(たて)の長方形に伸ばし、餡を薄く敷く(画像は多すぎました)。巻き終わりの1cmはそのま残しておく。

(6)手前からクルクルと巻いていき(巻き終わりは下)、左右に全体均等にを引っ張り27cm程の長さにする。

(7)2等分して、下の部分1枚分を残して縦に切れ目を入れる。

※1/4をさらに1/2にするので8個の花巻きができます。

(8)2回ツイストして両端を止める。
カットしたオーブンシートに一個ずつ置くと移動がしやすいです。

【2次発酵&蒸し】
(9)固く絞った濡れ布巾をかけて、30分ほど休ませる。
(10)一回りほどの大きさになったら、湯気の上がった蒸篭で強火で15分蒸す。
Text & Photo by 
食卓から愛をこめて
次の食レポは「モトヤ. パンケーキリストランテのパンケーキ&オムレツランチ」>>

関連キーワードから食レポを探す

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

インスタグラム

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.