捨てないで!実はその切れ端は栄養たっぷり

 


足りない栄養素を補完するには、その捨てた一切れが必要かも。その内容をアメリカ版「ウィメンズヘルス」からご紹介。

ジャンクフードばかりの食事では、必要な栄養素やビタミンが摂れていないのが現状。でも、一見皮肉に思えるかもしれないけれど、捨てている食べ物がこの状況を改善してくれるかも。これは、アメリカでは、栄養豊富な野菜の大事な部分を食べずに捨てていることが多いため。

なんと、2017年の研究では、小売り及び家庭で捨てられている食品に一日あたり、食物繊維が5.9グラム分も含まれていることが分かったという。これは、一日の推奨摂取量の23パーセントだという。食物繊維に加えて、タンパク質、ビタミンD、カルシウムやカリウムなどもこの廃棄分に含まれている。

その一方で同じ2017年の調査では、平均して食物繊維が8.9グラムも足りていないことが分かっている。となると、この解決方法は明らか。

アメリカ人は、野菜の皮や茎を捨ててしまうけれど、実はその捨ててしまっている部分こそ、栄養も食物繊維もたっぷり。そこでこういった部位を捨てずに丸ごと使うだけでも、食品廃棄量は減り、さらに栄養をより多く摂れることになる、とケイト・ギアガン医学博士。
次ページ :  「新鮮なフルーツと野菜の外側の部分には抗酸化成分がたくさん…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年12月16日今日の献立

根菜をたっぷり使った、シンプルな和食の献立です。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.