食べすぎも、風邪をひきやすいのも? 現代人が注目すべき、亜鉛不足かもしれない「症状7」

 


免疫システムの強化や、消化不良の手助けになるなど、何かとうれしい力を多く秘めている亜鉛。公認管理栄養士のエイミー・ゴリンによると、19歳以上の女性には1日8㎎、妊娠中の女性には1日11㎎、授乳中の女性には1日12㎎の亜鉛の摂取が推奨(*)されているとか。1日の摂取量はほんのわずかなものの、あるとないとでは体への影響が全く異なるそう。アメリカ版ウィメンズヘルスがリストアップした7つの症状を手掛かりに、亜鉛が不足していないかチェックしてみて。

*編集部註:上記の亜鉛の量はゴリンのコメントによるものです。日本の18~39歳の女性の場合、1日あたりの推定平均必要量は6㎎、推奨量は8㎎、耐容上限量は35㎎です。(厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」による)


1. 同僚が風邪をひいていると、すぐにうつされてしまう

oyster-sick



「亜鉛は、免疫システムを脅かす毒素や異物と戦うのに役立ちます」と話すのは、公認管理栄養士のエイミー・ゴリン。その上、ウイルスに感染した細胞やがん細胞を撃退するT細胞を作る上でも欠かせないそう。

逆を言えば、亜鉛が不足してしまうと体本来の免疫機能が弱まり、病気を寄せつけやすくなるのだとか。
次ページ :  2. 食欲が増えたり、減ったりと血糖値が安定してく…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年6月17日今日の献立

食べごたえ満点なかた焼きそばに、薬味と一緒にいただく、サッパリカツオサラダを添えて。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ