ただ摂ればいいわけじゃない。栄養士が語る「腸を元気にする食材」の摂るべき量とは?

 


キムチやザワークラウトなどの食品が腸にいいと確信している人も多いのでは。でも、腸を元気にする食品にも「摂りすぎ」というものがある。そこで今回は、オーストラリア版ウィメンズヘルスが、栄養専門サイト「Body Good Food」の設立者に直撃取材。「28 by Sam Wood」の栄養部門長も務める栄養士のステファニー・ワーンが腸にいいからといって摂りすぎるべきではない理由と、一日に摂るべき量を語る。


キムチ

腸にいい理由:「キムチやザワークラウトといった食品は発酵した野菜。消化管内の善玉菌を増やしたり、助けてくれるので、免疫機能や消化機能をサポートするといわれている。神経伝達物質とホルモンの生成にも関わるので、メンタルヘルスにもいいとされている。腸内細菌の生態系の良しあしで、さまざまな病気のリスクが決まることもある」

摂るべき量:「自分の腸の健康状態を考えてみよう。加工食品を食べる機会が多い人は、発酵食品を食生活に少しずつ取り入れてみて。腸内細菌は発酵食品に含まれる糖をエサにし、その過程でガスが発生する。でも、加工食品や砂糖が大量に入ってくれば、含まれている糖もエサにするので、どんどんガスが発生してしまう。
次ページ :  だから、おなかが張ったり痛くなったりする」 「腸の調子が…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2019年6月20日今日の献立

トロロ丼に冷や奴。サッとできて便利なメニュー!

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが4万件!

アプリ版
「E・レシピ」で、

毎日のご飯作りが
もっと快適に!

E・レシピアプリ

画面が
暗くならないから
調理中も
確認しやすい!

大きな工程画像を
表示する
クッキングモードで
解りやすい!

E・レシピアプリ 作り方

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ