パスタで体重が減るって本当?

 


ダイエット中の人にパスタを勧めたら、嫌な顔をされる。でも、BMJ Open誌に掲載された新たな実験結果が、これを全面的に覆そうとしている。パスタを食べていた人々の体重が実際に減ったというのだ。それはうれしいニュースかも。

この実験の当初の目的は、パスタを食べると太るかどうかを調べること。そこで研究チームは、約2,500名の被験者の中から比較対象となる32名をランダムに抽出。他の種類の炭水化物の代わりにパスタを摂取する血糖指数 (GI値) の低い食生活を送ってもらい、その結果を分析。

 

GI値とは食べ物が血糖値に影響を与えるまでの速さを測るのに使わる数値。GI値が高い食べ物として一般的に挙げられるのは、白米、精白パン、そしてジャガイモ。ミルク、フルーツ、レンズ豆といったよりヘルシーな食品はGI値が低いとされる (パスタもこっちに含まれる)。ちなみに、低GI食では満腹感が続くのに対し、高GI食ではすぐにおやつが欲しくなる。

 

被験者たちは、平均0.5カップ程度のパスタを毎週約3.3食分摂取した。すると、12週間で体重が平均0.5キロ強減少。何十キロではないとはいえ、減ったことに変わりはなさそう。
次ページ :    でも、ここに落とし穴が。文献を締めくく…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年7月21日今日の献立

ゆっくり過ごしたい土曜の夜は、サラダとデザートを作り置き。夕食時はメインだけサッと仕上げて召し上がれ。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.