ストレスを減らしてくれる意外な食材

 


最近のシドニー大学の研究によると、毎日フルーツや野菜を5食から7食分食べた女性は、フルーツや野菜を食べる量が少ない(あるいは食べなかった)人に比べて23%もストレスのリスクが低かったそう。その内容を、アメリカ版ウィメンズヘルスからご紹介。

「ほとんどフルーツや野菜はビタミンCやビタミンDなど加齢による炎症を抑えてくれる成分が豊富に含まれている」とこの研究を執筆したビン・ヌーヤン医学博士。そして、ビタミンB9などが足りないと、気分も左右される上にうつとも関係しているそう。

 

ビタミンや抗酸化成分などの栄養素を手軽に補給したいのなら野菜やフルーツを積極的に摂るようにして。ビタミンCが欲しいならなら、柑橘類、イチゴやパプリカ、ビタミンEなら緑の濃い葉物野菜、ビタミンBならバナナやアボカドがおすすめ。どれも手に入りやすいものなのでストレスが気になるなら、まずは普段の食事にこういったフルーツや野菜を加えてみて。

※この記事は、アメリカ版ウィメンズヘルスから翻訳されました。
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年5月24日今日の献立

魚と野菜がたくさんとれる、栄養バランスの良い和定食です。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.