アルコールの種類によって感情に違いが生まれるの?

 


アレを飲めば泣き上戸、コレを飲めばクールになる?

お酒の席で意味もなく泣いたことは?誰にだってあるはず。記憶にも残らないような些細なことでケンカに発展?これもよくある。

 

アルコールの種類によって気分が変わると思ったことが一度でもあるなら、それが正しいことを科学が裏付けている。

 

ウェールズの公共衛生局とキングスカレッジロンドンは、異なるお酒の種類がもたらす感情について約3万人から話を聞いた。

 

その結果、エネルギッシュな感じ、くつろいだ気分、色っぽい気分、自信に溢れた感じ、疲労感、攻撃的な気分、吐き気、落ち着かない、悲しい気分といった感情が特定された。

 

頻繁にお酒を飲む人にとっては当たり前のことかもしれないが、最も泣きたい気分になり、最もリラックスできないのは蒸留酒を飲んだとき。

 

蒸留酒で攻撃性が高まることも分かった。

 

それでも人が強いお酒を飲む理由のは、参加者の43%が答えたように、色っぽい気分になれるからだろうか。

 

興味深いことに、性別による違いも見られた。

 

アルコールを摂取すると攻撃的な気持ち以外のあらゆる感情がこみあげてくると答えた人には、女性が多かった。
次ページ :    このような研究結果を前に、研究チームは…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年12月15日今日の献立

魚のメインに肉と根菜の混ぜご飯、海藻のすまし汁、栄養満点の和の献立です。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

最近見たレシピ