低脂肪牛乳は本当にヘルシー?

 


普通の牛乳とどちらがいいか、栄養士に聞いてみた。その内容をアメリカ版「ウィメンズヘルス」からご紹介。

栄養士のクリス・モーアはクライアントに「無脂肪牛乳は糖質が多すぎるので、普通の牛乳を飲むべき?」とよく聞かれるそう。

そこで、牛乳に関するよくある疑問に答えてもらった。

まずは糖質ついて。無脂肪牛乳、脂肪分が1%から2%のもの、普通の牛乳などの味のついていない牛乳はコップ1杯あたり糖質を12g程度含んでいる。でも、それ以上でもそれ以下でもない。さらに、この糖質は自然由来で、元から牛乳に含まれているラクトースで人工的に添加されたものではなく、政府も摂取量を制限していない。

カロリーは含まれている脂質の量に左右される。コップ1杯の無脂肪牛乳の場合、脂質は含まず90kcal程度。通常の全乳の場合は145kcalで脂質は8g程度。

それ以外の主要栄養素、たとえばカルシウム、カリウム、ビタミンDなどは低脂肪牛乳も全乳もすべて同じ。

では、気になる飽和脂肪酸は?

確かに乳製品の脂肪のほとんどは飽和脂肪酸である。でも、2015年5月の『Advances in Nutrition』の飽和脂肪酸と循環器系の健康について最新データを用いた調査では、飽和脂肪酸について最適な栄養素の組み合わせというものは見つからなかったという。
次ページ :  ただし、研究者は飽和脂肪酸を全面的に排除するのではなく、ど…>>
関連リンク
今あなたにオススメ

今日の献立

2018年2月20日今日の献立

健康の源は美腸にあり! 野菜やコンニャク、ぬめりのある長芋は腸内環境を良い方に整えてくれます。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.