朝食のタンパク質を増やす方法12選

 


代用レシピからちょい足しまで。

鶏肉やステーキを美味しく料理できるということは、昼食や夕食のタンパク質がしっかりとれているということ。しかし、朝食できちんと取れている人は少ない。ベーグルやトースト、シリアルといった朝食メニューに含まれるタンパク質は少ないので、朝に十分な量をとるのは大変だ。

それでも、朝食でとるタンパク質は同じくらい大事。炭水化物と違ってタンパク質は体内に蓄えられないので、献立のひとつひとつに組み込まなくてはいけないと管理栄養士カレン・アンセルはいう。タンパク質は細胞を作る大栄養素であり、さらに午前中空腹痛に襲われなくなる鍵でもある。摂取すると満腹ホルモンがお腹で分泌され、脳にお腹がいっぱいだと伝えるのだそう。

同じく管理栄養士ブリジット・ザイトリンは、昼食までお腹を空かせず、集中力を保つには最低15gのタンパク質で一日を始めるべきだとしている。今回はレシピにちょっと加えたり、他の材料の代わりにしたりして、簡単にタンパク質が取れる方法をご紹介。


朝のラテをコラーゲンパウダーで補強!


コラーゲンは体の中で自然に作られるタンパク質で、肌の若々しさを保つ役割を持っている。
次ページ :  しかしその量は次第に減ってきてしまう、とザイトリン。ちなみ…>>
関連リンク
この食コラムに関連するレシピ
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年9月22日今日の献立

彩り鮮やかな食卓で、週末のディナーを楽しみましょう。

ピックアップ
最新のおいしい!
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.