パスタのカロリーを減らすシンプルなトリック

 


実験結果によると、残り物のラザニアの方が体にいいみたい。さあ、みんなにも伝えて!

ラザニアほど元気の出る食べ物はない。これは事実。でもパスタの層 (とベシャメルソース) のせいで、ヘルシーさに欠けるのが残念。

でも、BBCのテレビシリーズ『Trust Me I’m A Doctor』向けに行われた研究が、パスタ好きにとっては嬉しい抜け道を発見した。

このユニークな研究では、ボランティア集団 (私たちからの招待状は届かなかったみたい) がパスタを出来立ての状態、冷めた状態、そして再加熱された状態で試食。科学者のクリス・ヴァン=トレケンを驚かせたのは、冷めたパスタには構造変化が起きていたこと。冷蔵庫にある残り物のボロネーゼパスタは、体が食物繊維のように扱う難消化性でんぷんに変わるのだ。出来立てのパスタとは異なり、ヘルシーな腸内細菌の量まで増やしてくれるという、かなりメリットのある状況になる。

でも、温め直せばさらに美味しい話になる。ボランティア集団の血糖値上昇が50%下がっただけでなく、含まれるカロリー量も減っていたのだ。

これは食べずにはいられない!

すべての炭水化物がこうならいいのに……。
次ページ :  医科学による調査を今すぐ行ってほしいもの。 お気に入りの…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2018年4月23日今日の献立

大人も子どもも大好きなネギトロ丼に長芋で食感とボリュームをアップ。ご飯が進む2品の副菜でバランスよく。

ピックアップ
最新のおいしい!
ウーマンエキサイト特集
記事配信社一覧
ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2018 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.