火を使わずにつくれちゃう♪ パンツァネッラ【料理のプチストレス解消法#6】

 

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

01

イタリア中部ではおなじみ夏の定番サラダ

硬くなったパンを水でふやかしてからよく絞り、玉ねぎやトマトなどの野菜と塩、オリーブオイルであえます。今回は、この一皿でメインにもなるように、生ハムとパルミジャーノチーズをプラス。野菜はレタスやトマト、紫玉ねぎ、イタリアンサラダ用の葉物などでカラフルに仕上げました。パンはバゲットを使いましたが、日本のパンはイタリアのものほど硬くならないので、水でふやかさずに軽くトーストするといいでしょう。トーストしたパンの表面をニンニクの切り口でこすったガーリックトーストにしても美味♪ガチガチに硬くなってしまったパンの場合は、本場と同じように水に浸して柔らかくなったら、しっかり水けを絞って使います。生ハムのかわりにサラミソーセージ、ロースハム、サラダチキン、スモークサーモンなどでも。また、チーズは、カッテ―ジチーズにすればカロリーダウン。バジルやパセリなどハーブを加えてもおいしいですよ。ゆでたまごやオリーブも相性良し。野菜もお好みのものを入れてOK。彩りを考えて組み合わせてみて。

切って盛り合わせるだけ♡パンツァネッラ



簡単なのに見た目がよく、ホームパーティやピクニックなどにもぴったり。
次ページ :  知っていると、ちょっと鼻高の料理です。ここではオリーブオイ…>>
関連リンク
今あなたにオススメ
この記事のキーワード

今日の献立

2017年11月23日今日の献立

勤労感謝の日は、いつも頑張ってる自分と、頑張ってくれてる家族にご褒美。ステーキでご馳走感をアップし明日への活力に。

ピックアップ

最新の おいしい!

ウーマンエキサイト特集

記事配信社一覧

ピックアップ

【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピが3万件!

Eレシピで一緒に働いてみませんか?料理家やフードスタイリストなど、募集は随時行っています。

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。

RSSの利用は、非営利目的に限られます。会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

Copyright © 1998-2017 KYOTO AMU All Rights Reserved.

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.